1. まとめトップ
  2. カラダ

知らないと危険かも…実は、朝に行うと日焼けしやすくなるNG習慣

ジリジリと陽射しが強い日が続いています。紫外線と毎日戦っている女性も多いと思いますが、実は、朝、何気なく行っている行動が日焼けをしやすくしてしまっているかも知れません。NG行動や習慣をまとめてみました。

更新日: 2016年08月15日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
172 お気に入り 188551 view
お気に入り追加

▼ジリジリと日差しが強い日が続いていますよー。

今年は焼かないって決めたんだよ。日焼け止め塗りたくろ

色白に生まれたかった〜、今年は絶対焼きたくない

▼でも、どんなに注意しててもうっかり焼けちゃうこともある。

海に川に山、遊園地やドライブなど外に出る機会が増えるので、うっかり日焼けしちゃうことも。

日焼け止めクリームに日傘、サングラスなどで紫外線対策はバッチリ!と思っててもいつの間にか日焼けしてシミができてしまっている

▼たかが日焼け…でも、実はとっても怖いもの。

紫外線とは、地球上に降り注ぐ太陽光線の一種(電磁波)のこと。日焼けは火傷と一緒です。
女性の美の大敵でもありますし、紫外線が人体へ与える様々な影響が実証され、危惧されています。

紫外線を浴びる量は、日々のちょっとした気のゆるみや、
気づかない間に浴びている少量でも、積み重なっていきます。

ハリのある肌に欠かせない「エラスチン」を構成するタンパク質の生産が低下・変形してしまいタルミやシワの原因となってしまいます

ピンとこないかもしれませんが,日焼けはれっきとしたやけど

□そして…朝に行うと紫外線の影響を受けやすくなる行動や習慣も!

・朝食に柑橘系のフルーツを食べる。

ビタミンCたっぷりの柑橘系フルーツ。気を付けたいのがそれらに含まれる「ソラレン」という成分。

光毒性とは、光に当たると紫外線に過敏に反応し、肌に何らかのダメージを与えてしまう性質のこと。

ソラレンは、取り入れてから約2時間で、全身に行き渡ります。
朝のお出かけ前や野外スポーツの前など、紫外線を浴びる可能性があるというときには、ソラレンを含むものは控える

紫外線に対する感受性を高め、紫外線を吸収しやすくする作用があるためソラレンを含むものを食べてから外出して紫外線を浴びてしまうと、肌にかゆみや赤み、シミ、色素沈着を引き起こす可能性がある

・朝のスムージーにも注意!

毎朝飲んでいるスムージーの中身にも注目!

きゅうり、パセリ、セロリ、ニンジンなどの野菜にも多く含まれていることから、これらをたっぷりと使用したスムージーを飲んで外出すると、いつもよりも紫外線を感じやすくなってしまいます。

紫外線が気になる方は、朝ではなく夜にグリーンスムージーを飲む

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう