1. まとめトップ

【名探偵コナン】最近のコナンがよくわからない人のための最近の登場人物まとめ ※ネタバレ注意

キール編からラム編までに登場した新登場人物をまとめました。ネタバレ注意です。

更新日: 2016年08月10日

12 お気に入り 59166 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yakiniku8さん

名探偵コナンとは

謎の組織によって体を小さくされた高校生探偵の工藤新一が江戸川コナンと名乗り、組織の行方を追いながら数々の事件を解決していく活躍を描いた推理漫画。『週刊少年サンデー』(以下『サンデー』)にて1994年5号より『名探偵コナン』の連載が開始され、人気作品になっている。2014年6号で連載20周年を迎え、『サンデー』歴代史上最長の連載期間となっている。

1996年から放映が始まったテレビアニメも高視聴率を取る『サンデー』屈指の人気作品で、2016年に20周年を迎えた長寿作品である。1997年からは毎年劇場版映画が公開されており、興行収入が2016年現在、8年連続で30億円を超えるなど絶大な人気を誇っている。

2003年にはコミックスの総発行部数が1億部を突破し、2014年3月時点でコミックスの総発行部数は1億5000万部。漫画・アニメともに、世界でも翻訳・刊行・放映されている国もある。

・あの方

原作24巻でジンが「これはあの方直々の命令だ」と言ったのが事実上の初登場。
しかし他人による言及や指示といった間接的な登場オンリーであり、直々に描写されたことは一切無い。
その為名前、顔、年齢、性別、居住、口調等は今でも謎に包まれている。

表舞台に出ることはないが各種ミッションの際には影から指示を送っている様子。
ジン以上の慎重居士であり、不穏分子にはすぐさま多数の監視をつけ、いざとなれば組織幹部だろうと躊躇なく抹殺を命じる。
よく言えば慎重、悪く言えばチキンな性格と言える。
ベルモット曰く「石橋を叩きすぎて壊しちゃうタイプ」とのこと。

・ラム

黒の組織の幹部で、ボスの側近。
灰原哀が組織にいた頃は組織のNo.2だったらしく、未だ正体は不明。

コードネームを持つメンバーの中でも唯一別格と目される。
その地位は組織の中でも大物然と振る舞っているジンやベルモットと比べてもかなり開きがあるらしく、ベルモットはラムに敬語を用い、ジンもラムからの命令は確実に遂行せねばならないと気合いを入れてかかるほど。

過去に大きな事故にあい、片方の目が無いらしい。
屈強な大男・女のような男・老人…とあらゆる情報が錯綜しており、それら全てが影武者とも言われている。

・安室透(バーボン)

黒の組織に潜入している公安警察官。警察庁警備局警備企画課所属。29歳の独身。右利き。表の顔は私立探偵・安室透で、後に小五郎に弟子入りする形でコナンたちと接点を持つようになる。組織ではバーボンというコードネームを与えられ、探り屋として活動している。

・水梨怜奈(キール)

CIAの諜報員で、本堂瑛祐の実姉。黒の組織に潜入した際に与えられたコードネームはキール。表の顔は日売テレビの人気女性アナウンサー・水無怜奈。後述のバイク事故で意識を失って昏睡状態が続いていたため、コナンが変声機を使って日売テレビへ連絡を取ったことで休職扱いとなり、意識の回復後に本人から退職の意向を伝えている。

・赤井秀一(ライ)

FBI捜査官。黒いニット帽がトレードマーク。目の色は緑で、目の下には常に隈がある。左利き。クールでポーカーフェイスであるため、あまり感情を表に出すことはない。愛車は黒のシボレーC-1500だったが、水無怜奈によって来葉峠で車ごと爆破されたため、劇場版第20作『純黒の悪夢』では、赤のシェルビー GT-500に乗っている。コーヒーとバーボンが好き。家族は妹の世良真純がいるが、ジョディやキャメルにはその存在を明かしていなかった様子。真純の発言が真実であれば、秀一は真純を含めた3人兄妹の長男ということになる。また、真純に截拳道を教えたのも秀一であり、具体的な描写はないものの「真純よりも3倍は強かった」とされている。とてつもない切れ者であり、その推理力と捜査手腕はコナンと似通うところがある。また、組織のキャンティやコルンを凌ぐ非常に優れたスナイパーであり、ショットガン(レミントン)を左手だけで持ちながら発砲できる。これらのことにより、組織からは"Silver Bullet" (シルバー・ブレット、銀の弾丸)と呼ばれ、恐れられている。

・沖矢昴

シャーロック・ホームズ好きで卓越した推理力を誇る。左利き。好きな色は黒であり同時に嫌いな色だという。ハイネックの服装をしている。また、スナイパーとしての腕前も超一流であり、『異次元の狙撃手』では終盤で重要な役回りを演じた。

コナンたちと出会う前は「木馬荘」というアパートに住んでおり、大家の息子からは毎朝水まきをしている姿と消防車とを引っかけて「赤い人」と呼ばれていた。

事件解決後は、コナンのはからいによって新一の実家に居候しており、隣人の阿笠博士とは、留守にしている際に荷物を取りに行くなど、付き合いも深い。

その正体は、先述の描写が暗示していたように、殉職したとされていたFBI捜査官の赤井秀一本人である。

・世良真純

毛利蘭の通っている帝丹高校2年B組にやってきた転校生。アメリカからの帰国子女。

高校生探偵であり截拳道(ジークンドー)の使い手。バイクにヤマハ・XTXT400Eアルテシアを愛用している。

一人称は“ボク”で、常に男性的な口調で話し、胸も平らだが、性別は女性。初登場時は男性に間違われたほどで、胸に関しては度々周りから指摘されてしまっている。彼女の言によれば母親は巨乳らしい。

FBI捜査官・赤井秀一の妹で、家族からは、既に秀一が死んでいると聞かされている。

・領域外の妹

世良真純が宿泊している帝都スカイホテルの部屋で一緒に住んでいる正体不明の少女。年齢は言及されていないが、江戸川コナンの発言から中学生くらいとされており、短めの巻き毛をしている。また、目元には世良や赤井と似た黒い縁取りのようなものがあるのが特徴。

容姿とは裏腹にかなり大人びた口調で喋り(アニメでは演じる田中氏の声質もあって声も低め)、コナンが仕掛けた盗聴機を見つけるなど洞察力や分析力に優れている。作中ではしばしば咳き込むシーンがあり、病弱の可能性がある。
コナンに対しては、未だに直接的な面識ができていないが、彼の頭脳明晰さを高く評価した一方、『信用するには程遠い』と評し、ホテルも移動したほど。

・羽田秀吉

1 2