1. まとめトップ
  2. 雑学

イライラする行列待ちに朗報「リトルの法則」で待ち時間がわかる

どこに行っても大行列でうんざりすることってありませんか?そんな時に、せめて待ち時間がわかったら…「リトルの法則」を使えば、およその待ち時間がわかるらしい!

更新日: 2016年08月10日

962 お気に入り 311859 view
お気に入り追加

行列の待ち時間って気になりませんか?

夏休みシーズンになると決まって話題にのぼるのが、あちこちにできる「行列」の長さと待ち時間だ。

長い行列待ちにイライラする原因と、それでも並ぶ理由

原因は、なんといっても「どれだけ待てばいいんだ!?」という先の見えないストレスだろう。

そもそも、どのくらいの待ち時間ならばイライラせずに並べるの?

また、テーマパークの人気アトラクションでも「1時間」(33.5%)、「1時間以上」(57.3%)は覚悟していると答えている。

そんな中で、使える法則が…「リトルの法則」

このような場合、「リトルの法則」が役に立つ。この法則は、アメリカのマサチューセッツ工科大学のジョン・リトル教授が、ケース・ウェスタン・リザーブ大学に勤務していたときに発表した。

理論の根拠は……難しくてよくわからないが、ようは、「(待ち時間)=(行列に並んでいる人数)÷(自分の後ろに1分間で並んだ人数)」の計算式

その図式がこんな感じ

自分の前に並ぶ人の数を一分後に自分の後ろに並んだ人で割った値が待ち時間(分)

例えば
自分の前に12人並んでいるトコで
1分後に自分の後ろに2人が並ぶと
12÷2=6(分)が待ち時間

この「行列待ち問題」はネットでも話題に

SPA!に書いてあった行列の待ち時間を割り出せる『リトルの法則』が、夏休み期間とかにすごい役立ちそうなので自分用メモ。 pic.twitter.com/uMt513LAGA

ひみつ堂のかき氷。きになる。 夏の行列待ち4時間。待っている間にとろけてしまう。行列への差し入れに…冷たいかき氷をお願いしたいものですなあ。

かき氷食べたくて1人で行列に40分ならんどるつらいな〜

ちなみに待ち時間ってどうやって潰しますか?

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう