1. まとめトップ
  2. カラダ

汗ダラダラ…夏は「インド式ダイエット」が簡単

意外と簡単にできそうなのが多いんです!

更新日: 2016年08月10日

OGGIさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
522 お気に入り 174704 view
お気に入り追加

インドの知恵はダイエットに役立つ!

アーユルヴェーダではカロリーよりも“どのように食べるか”を健康で美しいカラダを作る食事法として大切だと考えます。

いつものダイエットでストレスを感じている時など、インド式ダイエットをとりいれてみてはいかがでしょう。

夏こそ「あったかいもの」を

温かいもの、水分の多いものを積極的に摂取しましょう。例えば、温かいスープ、ホットミルク、ハーブティーなどおすすめです。

食事で汗をかける人は、それだけでお得だったりします。同じボリュームの食べ物を食べたとしても汗をかき、消費するエネルギーも高いです。

温度の高いもののほうが一度に口に沢山入れられないので飲み過ぎ防止に繋がることと、満腹感を感じやすいと言われています。

暑くても白湯でさらに汗を!

インドでは生水が飲めないため、一度沸かした白湯を飲みます。白湯ダイエットもインドの知恵がもとになっています。

常に白湯だけとるのは難しい場合はせめて常温のものをとるようにしましょう

体温より低い温度の飲食物が体内に入ることで、内蔵に負担がかかり代謝・消化の力が落ちます。

白湯なら外側からではなく内側から温められるので、ゆっくりじんわりと汗が出て、その状態を長くキープしてくれます。

白湯を飲んでからエクササイズをすると汗をかく量が違います。汗が多いということは体が温まって代謝量がアップしている証拠です。

「クミン」も代謝アップにおすすめ!

カレーの香り付けとして使われる“クミン”。1日小さじ1杯で劇的な効果ありです。

クミンの香りはカレーを連想される特徴的なものですが、抗酸化作用が高く、新陳代謝を活発にして脂肪を燃焼する効果があります。

パウダーをヨーグルトにかけて即、実践してみるも良しです。美味しく食べて楽しくダイエット。早い子はもう、始めてるかも。

「お腹が空いたら食べる」のがポイント

「毎日3食を規則正しく食べる」ということをやめ「お腹が空いた時に食べる」ということです。

お腹は空いていないということは「未消化物」が残っているということ。アーユルヴェーダでは「未消化物」を病の源と考えてます。

「お腹がすいていないのに食べてしまう」「周りが食べているからつい……」、という悪い食習慣がついていませんか?

1 2





OGGIさん

周りで流行ってたので自分も始めてみました。

このまとめに参加する