1. まとめトップ

タオルの生地の種類

さまざまなタオル生地についてまとめてみました。

更新日: 2016年08月18日

hearyodffさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 7741 view
お気に入り追加

意外と奥が深い!タオル生地

直接肌に触れるタオルについてはこだわっている方も多いのではないでしょうか?
そんなタオルですが、生地によって見た目や手触りが全然違うということをご存知でしたか?
そこで、主なタオル生地6種類についてまとめました。タオル選びの参考にしてみてください。

パイル地

ふわふわとした風合いがあります。

パイルとは、なんといってもタオルの基本。ループ上の織り方がタオル独特のふわふわした肌触りや弾力性をつくり出して水分を充分に吸収してくれます。

余分な手間が要らないためか、コスト重視のタオルはパイルが主流です。
パイルのもうひとつの長所として、吸水性が上げられます。表面の輪のところに水が溜まるので良く水を吸い取るというわけなんですね。
そういう意味では、タオルの機能だけを考えると、パイルは最適と言えるでしょう。欠点はというと、表面が均一でないこと。そのために、プリントタオルとしては、印刷がやりにくいということが言えます。

シャーリング地

左側がシャーリング地 右側がパイル地。
滑らかさの違いがよく分かります。
見た目や手触りに高級感があり、贈答用タオルとしてもおすすめです。

パイル地の表面の毛をカットしたのが、シャーリング地です。ひっかかりがなくなるため、なめらかな肌触りとツヤが見られる点が特徴。ビロードのような手触りを感じることができるでしょう。シャーリング地はパイル地と比べると、パイル地の気先をカットしている分、吸水量はやや落ちてしまいます。また表面の毛が短いため、線画のプリントに向いており、バスローブやデザイン性重視の製品に多く使用されています。

シャーリング生地の最大の特徴は「キレイにプリントができる」という点です。パイル生地はタオルの表面が凹凸になっているのでディテールの細かいイラストは苦手ですが、シャーリング生地ならば表面がフラットになっているので、細かく、美しくプリントすることができます。例えば野球やサッカーのサポーター用タオルや、ライブ会場で市販されているオリジナルタオルなど、デザインに凝ったタオルはほとんどシャーリング生地です。

つややかに色が映え、高級感のある仕上がりのためインテリア製品としてもよく採用されます。悩みの種となる爪や指輪を引っ掛ける心配が減る嬉しいメリットがあります。

ガーゼ地

微小な隙間があり、通気性の良さが特徴です。

パイルの無い織りですが、やわらかく、ふわふわした肌触りです。薄くて軽く、通気性が良く乾きやすいことが特徴です。

ガーゼ生地は、肌触りも良く、目があらいため、肌を傷つけるリスクがとても低い素材です。吸水性もよく、ふわふわでやわらかな手触りでやさしく包み込むことができるため、肌が弱い赤ちゃんにとても適しています。

薄く、かさばらないので旅行などに最適です。やわらかいのに吸水性にすぐれ、さらに乾きやすいという面から室内干しなどをする方におすすめです。

ワッフル織地

ワッフルのような見た目ですね。

織り形状がワッフルにのお菓子に似ている事から、ワッフル織と言います。この織物の特徴は、凸凹で立体感のある表面で、地が厚くザックリとした感触と柔らかさをあわせ持ち、吸水性に優れていることです。

我が家のフェイスタオルはほとんどワッフルタオル。
乾きが早いから洗濯も楽ですし、かさばらないので収納もしやすいのが嬉しい。

無撚糸地

パイル地よりもさらにフワフワな質感です。

撚糸(撚られた糸)は、もともとは糸を強くすることが目的ですので、繊維を凝縮し固くしていくことになります。そこで、より柔らかく肌触りのよい織物や編地を生み出すために求められたのが「無撚糸(むねんし)」です。

通常のタオルは、木綿などの繊維をねじり合わせた糸によって織られています。一方、無撚糸(むねんし)タオルは、織ったあとに特殊な方法を用いて糸のよりを戻しているのが特徴です。
無撚糸タオルの特徴は「肌触りがとても柔らかい」という点です。通常のタオルと比べて繊維が滑らかで、フワフワの触感に仕上がっています。肌への負担が少ないことから、ベビー用のタオルとして人気です。また、無撚糸にはウールのような高級感があるため、ブランドタオルでも採用されています。

朱子織地

表面がツルっとしており、光沢感があります。

ボーダーと呼ばれる横糸を表面に出した部分に、横糸の上げ下げで名入れを施したタオルです。

タテ糸とヨコ糸が飛び飛びに組織点を持つ織り方で、スッキリと文字を目立たさせる朱子織り独特の表現ができます。

縦と横の糸の交差を少なく交差する所を連続させない織り方で、名入れ部分がフラットに仕上がり、刺繍と違い硬くなりません。
細かい柄は表現しにくいですが、織りでデザインを表現するのでプリントより高級感のあるタオルに仕上がります。

1 2





hearyodffさん