1. まとめトップ

マツコが絶賛?!柔道「ベイカー茉秋」選手が金メダル獲得!

ベイカー選手、金メダル獲得おめでとうございます!

更新日: 2016年08月11日

2 お気に入り 15949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

blue_tigerさん

「ベイカー茉秋」選手とは?

ベイカー 茉秋(ベイカー ましゅう、1994年9月25日 - )は、東京都千代田区出身の日本の柔道選手。階級は90kg級。身長178cm。組み手は右組み。段位は参段。得意技は大内刈。現在は東海大学に在学。父親はアメリカ出身。

ベイカーは最初はピアノを習っていたが、姿勢が非常に悪かったためにそれを矯正するには正座をする柔道をやるのが適していると考えたピアノ教師の勧めで、6歳の時に講道館にある春日柔道クラブで柔道を始めることになった。

「井上康生」代表監督を慕う好青年

なんでもベイカー茉秋選手は、井上康生さんが金メダルをとった姿に憧れていたそうです。東海大学でも井上康生さんが監督をしているので、ベイカー茉秋選手はかなり井上康生さんを慕っているようですね。

ベイカーはその際に、「全ての思いを力に変えたい。井上監督が(シドニー大会で)金メダルを取る姿を見て、そこから五輪に憧れました」とコメントした。

肩が脱臼しやすい?!

亜脱臼というのは、捻挫と脱臼の中間くらいのもの

5月には世界ランク上位選手が集まるワールドマスターズに出場すると、準々決勝では右肩を亜脱臼しながらも技ありで勝利すると、準決勝では憧れの選手だったというギリシャのイリアス・イリアディスから技ありと有効を取って勝利した。

その一方で、2016年に入ってから左肩を何度となく亜脱臼すると、ワールドマスターズでは右肩をも亜脱臼した。そのために本格的な稽古を積めず、出場予定だった6月の優勝大会は欠場した。

前日の練習の乱取り時に左肩を脱臼しかけたためで、今年に入って3回同じ場所を亜脱臼。「昨年6月から違和感を覚えていたが、2月に1回、3月に2回脱臼した」と説明した。

故障を抱えながらも見事金メダル!!

ベイカー茉秋(21=東海大)がバルラム・リパルテリアニ(27=ジョージア)に優勢勝ちし、日本人同階級初の金メダルを獲得した。今大会の日本男子では73キロ級の大野将平に続き2人目の頂点となった

序盤からしっかりと組み合い、得意の大内刈りなどで攻めた。2分17秒には大内刈りで有効を奪った。その後も技を出しながら、うまく試合を運び、指導2を受けたものの逃げ切った。

さらに、ツイッターではイケメンだと話題に

ベイカー茉秋 真矢さんのイチ押しイケメン選手 メモ _φ(・_・

90キロ級のベイカー茉秋選手がめっちゃイケメンやった…46試合1本勝ちの記録があるらしい!試合見たかったなー!!

ベイカー茉秋(ましゅう)選手、名前にシンパシーを感じてテレビ見たらバッリバリのイケメンだったのでめっちゃ応援する。今夜22:30からだって。

ベイカー茉秋めちゃくちゃ好きやねん… イケメン…

実はマツコも注目していた?!

そんな先見の明のあるマツコが、このイベントで長友のコメントに引っかけて「最近のアモーレは?」と質問された。そこで名前が挙がったのが、リオ五輪の柔道男子90kg級日本代表のベイカー茉秋(21)だ。

マツコはその理由を「ハーフなんだけど柔道やっているところとか。あとピアノを昔、習っていたとかね。もっというと顔と体が好きなの」と話していた。

「ベイカー茉秋」選手、金メダルおめでとうございます!

ベイカー茉秋選手、90キロ級で金メダルだ!!おめでとうございます!背の高いグルジアの選手に対して強かったー

男子柔道90キロ級ベイカー茉秋金メダル!この階級で日本金メダル初!男女アベック金メダルすげえ!

1 2