1. まとめトップ

自由でカジュアル★話題の1.5次会・会費制結婚式って?(おすすめ会場つき)

海外・国内のリゾート挙式の後はもちろん、親族のみの結婚式の後にも。今、人気上昇中の1.5次会、会費制結婚式について、ノウハウから素敵な会場まで、まとめて紹介しちゃいまーす。

更新日: 2016年08月23日

8 お気に入り 1510 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スポットライトを浴びて登場、つまらない上司の挨拶、形式ばった司会の挨拶。
そんな昔ながらの「ザ・披露宴」はもう古い!ハワイで、沖縄で、軽井沢で、家族・親友と素敵な挙式をあげたあと、もっとたくさんの友人に感謝の気持ちを伝えたい!お披露目したい!
そんな二人にぴったりなのが、1.5次会や会費制パーティ。

1.5次会ってなに?

1.5次会とは、披露宴と2次会の中間にあたるパーティスタイル。披露宴ほど格式ばらず、2次会ほどくだけすぎないのが特徴で、海外挙式後のお披露目パーティや結婚のお披露目会としても人気。

特に決まったタイムテーブルはなく自由に構成できます。ゲストの顔ぶれやふたりの希望に応じて、ご祝儀制or会費制、着席コース料理orビュッフェなども自在。ゲストとふれあう時間が多いのも魅力のひとつ。ただし、親族を招待する場合には、気後れしないよう事前にパーティのイメージを説明しておくと安心。

正直、明確な定義はないみたいですが、その自由さが1.5次会のよさ!

会費制結婚式ってなに?

ゲストから会費をいただいて開く結婚パーティーのことを「会費制結婚式」または「会費制披露宴」といいます。一般的な結婚式ほどかしこまらず、ニ次会ほどカジュアル過ぎないスタイルであることから「1.5次会」等と呼ばれることも。

つまり1.5次会と会費制結婚式はほぼ同じこと!

会費制結婚式の最大の特徴は、ゲストの方々からご祝儀の代わりに一律の参加費(会費)をいただく点です。一般的にご祝儀より金額的な負担が少ないためゲストはより気軽に出席でき、主催側はアットホームな雰囲気でゲストをお迎えすることができます。ゲストとの距離感が近く、自分たちのアイデアを自由に盛り込むことも可能な会費制結婚式。個性派のおふたりにも、ぜひおすすめしたいカタチです。

ご祝儀3万包んでもらうのって、結構気が引けちゃうけど、会費制なら気軽に声かけできますね

もっと詳しく知りたいならこのへんのサイトがおすすめ★

1.5次会・会費制結婚式におすすめ会場(東京編)

(続く)ちょこちょこおすすめ会場見つけたらアップデートしていきまーす

1