1. まとめトップ

宮城の温泉 鳴子温泉へ行こう!~千年以上の歴史・源義経伝説・松尾芭蕉も立ち寄った温泉~

宮城県北部にある温泉、鳴子温泉。東北の数ある温泉でも有名です。1000年以上の歴史を持ち、こけしが有名です。宮城の観光地としてはやや奥地にあるため、ゆっくり温泉につかるきもちで行くことをおすすめします。紅葉の季節に行ければいい景色がたくさん見れる宮城の温泉地を紹介します。

更新日: 2016年11月12日

3 お気に入り 2771 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

midorinonさん

奥州三名湯 鳴子温泉

鳴子温泉(なるこおんせん)は、宮城県(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)大崎市鳴子温泉にある温泉。鳴子温泉郷の中心地である。福島県の飯坂温泉、宮城県の秋保温泉とともに奥州三名湯に数えられた。

鳴子温泉はどこにあるの?

温泉郷には4つのJR駅が存在し、宮城県内はもちろん、山形・秋田・岩手各県の観光地にもアクセス良好です。東京からであれば直接いくのも比較的楽ちんです。

鳴子温泉の泉質

日本には11種類の泉質がありますが、鳴子には9種類があり楽しめます。

① 単純温泉(単純温泉)

② 重炭酸土類泉(炭酸水素塩泉)

③ 重曹泉(炭酸水素塩泉)

④ 食塩泉(塩化物泉)

⑤ 芒硝泉・石膏泉(硫酸塩泉)

⑥ 明礬泉(硫酸塩泉)

⑦ 緑礬泉(鉄泉)

⑧ 硫黄泉・硫化水素泉(硫黄泉)

⑨ 酸性泉(酸性泉)

鳴子温泉のすすめ

鳴子温泉は一地域で複数の温泉が楽しめます。無色透明な温泉、褐色の温泉、ぬるぬるの温泉、どろどろの温泉など。時間に余裕があればいろいろ試してみたい人には鳴子温泉・湯めぐりチケットもあります。

おすすめの周辺観光スポット

おすすめのお土産

1