1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

すっごい魅力的!私達が今プログラミングを学ぶべき理由

プログラミングを学習しろという理由がうなずける(゚д゚)

更新日: 2016年08月17日

ClockWorcsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
455 お気に入り 77852 view
お気に入り追加

プログラミング思考を身に着けることができる

論理的作業が習慣化し、論理的思考力が強くなれば、プログラミング以外の仕事にも大きな役に立ちます。

プログラミング教育は必要です。 理由は2つ。 論理的思考が鍛えられる 世の中には論理では解決できない何かが存在するのを知ることができる

【就活で】論理的思考力によって、面接官に理解しやすい自己プレゼンをする(=好印象を与える)ことができます。

【営業で】短時間の内に、あなたの商品やサービスがなぜお客様に必要なのかを伝えることができます。

必要な力 【思考力】 論理的思考や、平常心を保つ技術(メンタルタフネス)などは、ビジネスに取組む上で、一番基本となる考え方です。 それに加え、リーダーとしての考え方も、チーム活動を行う上で必要です

情報化社会の今システムを作る目線を養える

あのサービスはこういう風に作られてるんだ~とかわかる

自分で作ることも・・・

また一般に公開されているWebサービスに触れたとき、「どんな仕組みで作られているのか」「技術面のポイントは何か」がわかってくる

(目を養うことによって)自分のアイディアを形にでき、作ったものを手軽に世界中に公開できる

そもそも需要がハンパない

Facebook元役員「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。」

と言っていました。

単純にプログラムの技術者は需要が大きいので、職業を含めて大きな恩恵を受けることができます。また、自分の専門性にプログラムを組み合わせることで、専門家としてのレバレッジを高めることができます

安定を手に入れることができる

働いた仕事はその場限りのものではなくスキルという形で自分に返ってきて、個人の価値を高めてくれます。

定年を過ぎたエンジニアの方が再就職したという話を聞いて、リタイア後にも働ける口がある、働いて欲しいと求められる

出典リタイア後もスキルさえあれば働ける、プログラミングは価値ある仕事だと思う

定年してもスキルがあると求められる

なんかインフラエンジニアって市場価値が上がってる職業らしいすね。東洋経済をどこまで信じるかですが。

会社があなたを守ってくれる時代は終わった

プログラマー(またの呼び名をエンジニア)は会社が潰れても、リストラにあってもすぐに違う会社で働ける仕事

自分の価値に自信があれば、会社や業界の不安定さを心配する必要がなくなります。自分のスキルに自信があれば、たとえ今働いている会社がつぶれようと他の場所で働いていくことが可能であるからです。

会社が潰れても痛くない

就活決まりそうだしそんなに悩んでもないんだけどな… 最悪ある程度プログラミングと英語とできたら会社潰れようが会社嫌になろうが、どこかしらに需要あるだろうしITいってPGして勉強して、SEとが目指す

平均よりも年収高め

1 2





ClockWorcsさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう