1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ツイッター FACEBOOK 拡散ありがとうございます!感謝!!

ツイッター FACEBOOK 拡散ありがとうございます!感謝!!

【激ヤバ】驚異的な能力を持つ10の生物

①蝦蛄 シャコ

シャコの「驚異の色覚」は幻想だった?

動物界で最も複雑とされるシャコの眼が、実は色を感知するシステムとしては非常に単純であることが分かった。

甲殻類であるシャコは、どうやら我々ヒトと同じような仕組みでは色を見ていないようだ。シャコ類の眼には、ヒトよりもはるかに多くの種類の光受容細胞が存在するが、色を識別する能力は限られているとする報告が、Science 2014年1月24日号に掲載された。

色を感じ取る光受容細胞の種類は、ヒトの眼には通常、赤、緑、青の光にそれぞれ反応する3種類しかないが、シャコの眼には12種類もある。そのためシャコは、ヒトが識別できない色でも見分けられるのではないかと考えられてきた。しかし今回の研究によって、シャコの色覚は、12種類の光受容細胞からの情報を組み合わせるのではなく、個々の光受容細胞からの情報を単独で処理する単純かつ効率的な機構に頼っていることが判明したのである。この機構はこれまで知られていなかったもので、この発見により、シャコが驚異的な色覚を持つという予想は完全に覆されたと、論文の共著者であるクイーンズランド大学(オーストラリア・ブリスベーン)の海生動物神経学者Justin Marshallは話す。

3色型色覚のヒトが黄色の葉を見たとき、眼にある光受容細胞は、光刺激の相対的なレベルを知らせるシグナルを脳へ送る。つまり、赤色光に反応する細胞と緑色光に反応する細胞は共に強く活性化しているが、青色光に反応する細胞はほとんど活性化していない、という情報が脳に伝わるのだ。すると脳は、これらの光受容細胞から送られてきた情報を比較して、黄色だと判断する。このシステムによって、ヒトの眼は非常に多数の色を識別することができる。

虹色の幻

Marshallのチームは、12種類の光受容細胞を備えたシャコがヒトより多くの色を識別できるかどうかを、小型のシャコであるHaptosquilla trispinosaを用いて調べた。彼らはまず、このシャコに2つの色を見せて、正しい方を選べば餌(冷凍のエビかイガイ)を与えるという方法で訓練し、波長が400〜650nmの範囲にある10種類の色のうちの1色を覚えさせた。この訓練をしたシャコで実験したところ、訓練を受けた波長の色と、それより50〜100nm波長が短い、もしくは波長が長い色とを区別することができた。ところが、訓練した色と試験用の色との波長の差が12〜25nmに狭まると、シャコはそれらを区別することができなかった。

もしシャコの眼が、ヒトの眼と同じように波長の近い色を相対方式のシステムで見分けているのであれば、波長の差が1〜5nm程度でも区別できるはずだ、とMarshallらは指摘する。しかし今回の結果は、シャコが実際にはそこまで多くの色を見分けられないことを示しており、シャコの眼にある12種類の光受容細胞は、それぞれが対応する特定の1色のみを感じ取っていると考えられる。また、その感知の仕組みは、ヒトの眼よりも感度が低い代わりに、脳に負荷がかかる厳重な比較作業を必要としないようだ。これはおそらく、生きた動物を捕食するシャコがさまざまな色彩の獲物を素早く見分けるのに都合が良いのだろうと、カリフォルニア大学バークレー校(米国)の行動生態学者Roy Caldwellは説明する。

視覚の研究を行っているルンド大学(スウェーデン)の生物学者Michael Bokは、シャコの眼の驚くべき複雑さを解明する上で、この研究成果は重要な一歩になると話す。「次に取り組むべきは、これらの視覚シグナルが脳に何を伝えているのか、また脳がこれらのシグナルをどのように使っているのか、解き明かすことです」。

地球上で一番速い!強烈なシャコのパンチ

②アルプスアイベックス

高山の岩場にすむ野生のヤギの総称。アルプスアイベックス・シベリアアイベックスなど。角は、雄のものは大きくて後方に湾曲し、表面に竹のような節がある。

アイベックス Capra ibex はヤギ属に属する哺乳類の一種。主にアルプス山脈に生息する。日本では、アルプスアイベックスとも表記される。 急峻な山腹、時にはダムの斜面にも出没するなど特異な行動範囲は、蹄の内側にある柔らかい肉球が地表面をつかみ取る構造がもたらすものである。

③ミイデラゴミムシ

高温有毒なオナラを発射しダブルの効果で敵を殲滅!!

「ヘッピリムシ」と呼ばれる虫がいる。漢字で書くと屁っぴり虫。ヘップリムシとも言う。かっこよく言うと屁こきBUG。読んで字のごとく、外敵に襲われると悪臭を伴うガスをオナラのように噴き出す虫たちの俗称である。

そして、その中にとびきり凄まじい屁をヒる猛者がいる。奴の名は「ミイデラゴミムシ」。キング・オブ・ヘッピリムシだ

④紅クラゲ

世界新記録!「不老不死生物」ベニクラゲ若返り実験で6回の若返りを成功させる(京都大学)

紀伊民報の伝えたところによると、京都大学瀬戸臨海実験所の久保田信准教授(58)は、「不老不死」の研究材料として注目されるベニクラゲの若返り実験で、世界記録を更新する6回目の若返りをこのほど成功させた。久保田准教授は「若返りのメカニズム解明に向け、今後もどんどん回数を重ねていきたい」と話しているそうだ。

クラゲは通常、有性生殖した成体は死を迎えて溶け去るが、ベニクラゲは溶けずに肉団子状になり、再び走根を延ばしポリプ(刺胞動物の基本形)へと若返る。このポリプがクラゲ芽を形成し、やがて若いクラゲとして分離して泳ぎ出す。この一連のサイクルを無限に繰り返すことから「不老不死」と言われる。ベニクラゲの若返り現象は、1992年にイタリアの研究者が地中海産で初確認した。その後、久保田准教授らが日本産で世界第2例目として成功して以来、その回数を更新し続けているという。

1 2 3 4