1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あの"清原和博"を表紙に起用した「Number」に驚きの声!

高校野球史上最強のスラッガーと言えば、あの清原和博(当時PL学園)。その後、西武➝巨人➝オリックスと渡りプロ通算525本のホームランを放った。引退後は、バラエティ番組に出演するなど活躍していましたが、今年2月に自宅で覚醒剤を所持していたとして警視庁に逮捕された。

更新日: 2016年08月12日

yasuckeyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 82749 view
お気に入り追加

■高校野球史上最強のスラッガーと言えば、あの清原和博(当時PL学園)

彼は名実ともに歴代高校野球の中で最強打者だ。1年生からあのPL学園の4番を張り、高校通算は64本ものホームランを放った。

甲子園成績は通算91打数40安打の打率.440。本塁打13本で29打点。この甲子園13本塁打というのはこれからも破られる事のない不滅の大記録

甲子園では、1年夏に 優勝、2年の春・夏は準優勝、3年の春ベスト4、夏優勝という成績を残す。

高校3年間で春夏通算、甲子園でホームラン13本打ったのも清原。

■その後、西武➝巨人➝オリックスと渡りプロ通算525本のホームランを放った。

ドラフトで熱望し ていた読売ジャイアンツ入りとはならず1位指名で西武ライオンズに入団。

プロ入り後はホームラン打者の天分に磨きがかかる。西武ライオンズでいきなり31本を放ち新人王に。

引退するまで525本を積んだ。2122安打、1530打点という数字も含めて一流打者の証しである。

高校通算13本 プロ野球通算525本 清原は怪物だね!

■引退後は、バラエティ番組に出演するなど活躍していましたが、今年2月に自宅で覚醒剤を所持していたとして警視庁に逮捕された。

清原和博は、「覚醒剤の所持で逮捕されましたが、私のものに間違いありません。」と、容疑を認めています。

5月31日、覚醒剤取締法違反で罪に問われた清原和博被告(48)に懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決が下された。

甲子園で13本。高卒1年目で31本。プロ野球通算525本のホームラン。俺の子供の頃からのスーパースターだったな。また、元気な姿を見せて欲しい。うつむいている清原は見たくない。

■そんな清原和博が現在発売中の文藝春秋の「Number」最新号で表紙を飾っている。

文藝春秋の「Number」最新号の特集「甲子園最強打者伝説。」で表紙を飾るPL学園時代の清原和博。

●覚醒剤使用逮捕で過去の功績が消えてしまった清原和博の「Number」表紙に驚きの声が多数聞こえた。

ここで、あえて清原和博を表紙に持ってくるnumber。素敵すぎる!マストバイこの上ない。 pic.twitter.com/f7F3mX7uNV

Number、PL時代とはいえ清原が表紙か。チャレンジング。

Numberは清原和博が表紙か。いろんな意味でいいね。

さっき行ったコンビニに置いてたNumberの表紙が清原でびっくりした

●それでも、本当に凄かったPL学園時代を懐かしみ購入する人が続出。

1 2





yasuckeyさん

このまとめに参加する