1. まとめトップ

旅館の窓際スペース[広縁(ひろえん)]はみんな大好きだった!

いとおかしとか言いたくなるよね。ならない?

更新日: 2016年08月12日

3 お気に入り 37132 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tozainanbokuさん

広縁とは

幅(奥行き)を広めに取った縁側を意味する語。

広縁の幅は厳密に規定されていないが、おおむね畳が敷ける程度の幅(3尺)よりも幅のある縁側を広縁とする場合が多い。
縁側の一種という点で板張りが基本となるが、畳敷きやカーペット敷きにする場合も多い

広縁の呼び名があまり一般的でないため、「旅館の窓際のあのスペース」「旅館にある謎空間」などのように呼ばれることが往々にしてある。

旅館の板間になってる椅子のある窓際の空間は広縁っていいます

テーブル1つと向かい合わせにイスが2つあって
でかい窓からは景色がよく見える。ふすまでしきいされてる空間
みんなが寝静まった頃にあの空間で一人たそがれるのが好き

旅館やホテルの部屋(特に和室)には必ず、窓際に障子で隔てられた謎空間があるじゃないですか。

そこには机と対の椅子が置いてあって、外の景色を見ながらくつろげるスペースになっています。

ぼくは、このスペースが大好きなんですよ。

このスペースこそが旅館の本体であって、後は飾りなんじゃないかと思うぐらいです。

妙に落ち着くというか、不思議な感じですよね。

隔世の感があります。

旅館のあのスペースは部屋入ったら直行してお茶とお菓子嗜むよね

避暑地の旅館 窓際のあのスペースで蝉の声を聴きながら同人誌を読む なんて事ができたら幸せだろうなぁ(´ω`)

風情があるのか無いのかわからないw

旅館特有の窓際の対談スペース死ぬほど好き、寝る直前までいつもそこに居る。

朝風呂からの旅館のあのスペース、完全に優勝って感じ+゚。* (♡˙︶˙♡) *。゚+ 壁のシミとかペンキの剥がれ方とか色合いとか本当に良い。 #旅館のあのスペースの良さを皆に伝えたい pic.twitter.com/OsIw1iVHNu

マニアックw

旅館以外でも…

鎌倉御成町店
このお店は、鎌倉の一等地にあり、「フクちゃん」で有名な漫画家、横山隆一氏の邸宅跡地に建てられました。

氏が愛した桜の木、藤棚、プールなどをそのまま残しながらも、こだわりのある地元の方々が心地よく集う空間に生まれ変わりました。

スタバ鎌倉御成町店はプールがあるって知ってる? 入ることはできないけど 綺麗なプールを眺めながらのコーヒータイムは格別らしいぞ。 春には、桜がプールの水面に浮いて最高らしい。 pic.twitter.com/xdQRtcqAQV

春には桜!

鎌倉はスタバ御成町店。 小さきプールの庭を望むいつもの席。 プライベート図書室にてまったり至福の読書三昧。 真夏に古川日出男は効くなぁ。 pic.twitter.com/raxY5Qmkdg

逆光が夏らしくてとてもいいですね

鎌倉のベースキャンプ、スターバックス御成町店へ。 緩やかな時の流れる美しすぎる夏の庭。 フロントローの特等席にて、粛々と小仕事中の私。 pic.twitter.com/HcoTOvQyMQ

1