1. まとめトップ

『人工網膜』 目に人工網膜チップを埋め込み、失明患者を治療 【最先端 治療】

「網膜色素変性症」などの、網膜の異常で失明した患者の目に、電極チップなどで作った「人工網膜」を植え込み、視力の回復を図る【最先端 治療】アーガス2、Argus II、大阪大学、岡山大学」

更新日: 2018年05月05日

2 お気に入り 10664 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

guggugu-さん

最先端の治療  人工網膜 で、失明 治療

網膜色素変性症で視力を失ったペーター・ベームは最先端の治療を受けた。その左目には人工網膜チップが埋め込まれている。

 1500画素の光センサーが病気で失われた光受容細胞の代わりを務め、光を電気信号に変換する。側頭部の電子装置によって増幅された信号が視神経を刺激する。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/magazine/16/012200005/012200001/?img=ph10.jpg&P=2

ペーター・ベームは網膜色素変性症で視力を失ったが、人工網膜チップの埋め込みを受けて、白黒とはいえ、再び周囲の世界が見えるように。

人工網膜システム Argus II

米食品医薬品局(US Food and Drug Administration、FDA)は14日、米セカンド・サイト・メディカル・プロダクツ(Second Sight Medical Products)が開発した人工網膜システム「アーガスII(Argus II)」を認可した。

「バイオニック・アイ」とも呼ばれるこの装置は米カリフォルニア(California)州に本社を置く同社が開発したもので、網膜色素変性症というまれな遺伝性疾患が進行した成人患者に使うことができる初の移植用人工網膜。

http://www.afpbb.com/articles/-/2928330

世界で初めて加齢に伴う視力喪失患者への人工網膜デバイス移植に成功

80歳のレイモンド・フリンさんは乾燥型加齢黄斑変性症を患い、周辺視野は維持しているものの、中心視力を完全に消失し日常生活にも支障を来した状態でした。そこで、視力を取り戻すために、人工網膜デバイスArgus IIを移植する手術を受けることを決断。

これまで徐々に視野が狭くなる病気である網膜色素変性症の患者へのArgus IIの移植実績はありましたが、加齢黄斑変性症への移植は初めてだったとのこと。

岡山大学 でも 人工網膜の 研究が進む

岡山大学グループは、岡山大学方式の人工網OUReP™が、ラットの視覚を回復することとラットの網膜電図を誘導することを世界で初めて証明。

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id292.html

米で開発・販売されている既存の人工網膜は,カメラで取り込んだ映像を60画素に画像処理して,その信号を顔面皮内に植込んだ受信機に伝送し,その受信機から60本の電線を出して眼球内に挿入し,網膜近傍に植込んだ60個の電極集合体(アレイ)から電流を出力する。出力電流によって網膜内に残っている神経節細胞が刺激されて視覚を生じる。

この「カメラ撮像・電極アレイ方式の人工網膜」は,日本も含めた世界中で開発されている。しかし,構造が複雑で植込みの手術手技が難しい,電極の小型化が難しく分解能が悪い(つまり見えない),広い面積の網膜を刺激することができず視野が狭い,1000万円を超える高額医療機器であるなどの問題がある。

研究グループは,これらの人工網膜とは全く異なる世界初の新方式である「色素結合薄膜型」の人工網膜「OUReP™」を開発してきた。これは,光を吸収して電位差を出力する光電変換色素分子をポリエチレン薄膜(フィルム)に化学結合したもの。この新方式の人工網膜は,電流を出力するのではなく,光を受けて電位差を出力し,近傍の神経細胞を刺激する。

「色素結合薄膜型」の人工網膜は薄くて柔らかいので,大きなサイズ(直径10mm大)のものを丸めて小さな切開創から眼球内の網膜下へ植込むことが可能で,確立している手術を応用できる。大きなサイズ(面積)の人工網膜なので得られる視野は広く,人工網膜表面の多数の色素分子が網膜の残存神経細胞を1つずつ刺激するので,視覚の分解能も高いと見込まれるほか,原材料も安価なので,手の届く価格で供給できるという。

大阪大学  大阪大学付属病院である手術

その他 最新機器による 視力回復

出典ascii.jp

目の奥にある網膜に直接映像を照射するスマートグラス「網膜走査型レーザアイウェア」が登場し、注目を集めている。同技術を開発したのは、富士通研究所でレーザー技術の基礎研究や開発を長く続けてきた菅原充代表取締役社長が立ち上げたベンチャー企業のQDレーザだ。

http://ascii.jp/elem/000/001/428/1428515/

1