1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

北朝鮮は去年9月、特別調査委による拉致被害者の調査について「全体で1年程度を目標にしている」と伝えたが、未だに日本に対する調査結果の報告は行われていない。先月祝賀行事に参加するためピョンヤンを訪れた日本の民間の訪問団に対し、北朝鮮外務省高官は「特別丁歳からはいつでも結果を発表できるよう態勢にあると聞いている」と述べ、調査はすでに終了しているとの認識を示したという。拉致問題について菅官房長官は今月18日「前向きで具体的な行動を引き出すためになにが最も効果的であるかという観点から、政府全体として相手の出方を見ながらも不断の検討を行っている。

中国で8羽のガンと小型飛行機が空で共演したクリスチャン・ムーレックさん。鳥類学者としての発表としており、卵からかえる前から育て続けたという。

おととい、宮城県利府町の宮城スタジアムで「ARASHI BLAST in Miyagi」が開幕した。被災地復興をかかげ、動員数は計20万人以上、経済効果は93億円以上とも言われている。ステージ上も地元の高校生と「感謝カンゲキ雨嵐」を合唱したり、宮城のお祭り「すずめ踊り」で地元住民と共演した。新幹線は東京・仙台間を増便し、東北本線は1日26便の臨時休校を運行、仙台市内や宮城県内のホテルには予約が殺到した。しかしこの状況により、タモリさんが名誉会長を務める「タモリカップ東北大会」の中止が決定した。

英・ブライトンで、ラグビーW杯 日本vs南アフリカの試合が行われた。日本は世界3位の南アフリカに対し、引き分けではなく勝ちを狙い34-32で見事逆転勝利を収めた。日刊スポーツは「歴史的大事件」と、サンケイスポーツは「日本大金星」、スポーツニッポンは「エディーの奇跡」、東京中日スポーツは「南アに勝った」と報じた。最年長の大野選手は、他国の3ヶ月分の練習量である世界一きつい訓練を行なってきたと胸を張って話した。(スポーツ報知)ネット上では、「桐谷美玲さんが吉田沙保里選手に本気勝負で勝つぐらいすごい」と話題になっている。明後日、世界10位のスコットランドとの試合が行われる。

32歳で胃がんで亡くなったフリーアナウンサーの黒木奈々さんの手記「未来のことは未来の私にまかせよう」は闘病中に抱いた思いが綴られていた。黒木さんは小学生でアナウンサーに憧れその夢をずっと持ち続けていたもののテレビ局のアナウンサー試験は全滅し、大坂のテレビ局に報道記者として入社。その後アナウンサーを目指し10ヵ月で退社しフリーアナウンサーとして活躍していた。

ラグビーワールドカップで、世界ランク13位の日本代表が、世界ランク3位で優勝候補の南アフリカと対戦した。これまでのラグビーワールドカップで日本代表は、まだ1勝しかしていない。試合は前半8分、五郎丸歩選手がペナルティゴールを決めて、日本が先制した。その後日本代表は逆転されるものの、五郎丸歩選手が後半だけで19得点を決めて、ロスタイムに再び逆転し、34-32で逆転勝利し、24年ぶりのワールドカップでの勝利となった。

安全保障関連法が与野党の激しい攻防の末に成立したが、反対する動きが連休中も各地で続いている。きのう、横浜市では神奈川県内の大学生が中心となってデモが行われ、東京・渋谷でも反対する活動が行われていた。渋谷で街頭インタビューを行うと、「自衛隊を最前線で戦わせなるのは断固反対したい」「中国などが活動範囲を広げているので、日本も変わったほうが」「どちらが正しいか私はまだわからない」などの意見があった。

安保法案成立後、連休に入っても各地で集会やデモが行われている。高校一年生男子が渋谷で「俺らの未来なんです」と叫ぶなど若者達が声を上げている。これを受け、脳科学者の茂木健一郎さんは「自分たちは日本の中で何もできないと思っていたのが、ちゃんと世の中に影響を与えられているんだということを1つの成功体験として持っているので、これは大きいデスと語った。

ラグビー日本代表が歴史的な勝利を上げたことについてコメント。

東京新宿区には、連休中多くの人達が行き交った。山中湖に行こうとする男女や、長野から原宿渋谷下北沢などを訪れて帰ろうとする女性2人組などがいた。東京発の北陸新幹線の指定席は満席となり、兼六園などがある金沢市は賑わいを見せた。山梨県甲府市では、甲州ぶどうのPRのため、口に含んだぶどうを飛ばしてその飛距離を競うイベントが開かれた。また鹿児島市ではシルバーカップサッカー大会、広島市では長寿ボウラーを祝う会など、敬老の日にちなんで長寿を祝うイベントが行われた。65歳以上の高齢者数は、3384万人となり過去最高となった。

兵庫兼姫路市で、側溝に27歳女性の全裸の遺体が発見された。現場は姫路駅から約3.5km離れた工場などが立ち並ぶ一角で、外傷はお腹に擦り傷のようなものはあったが、殴られたような痕はなかった。遺体発見現場から数百m先に衣服などが見つかり、サンダルは揃えられた状態。女性は家族から行方不明の届け出が出され、現場では見知らぬ車が止まっていると通報があった。警察は事件事故両方の可能性があるとし、調べている。

ドイツのフォルクスワーゲンが6年以上不正を行っていたと伝えた。フォルクスワーゲンはアメリカの環境保護局から排ガス規制を不正に回避したと指摘されて、会長が謝罪の声明を出したと伝えた。この問題の対象車両は約48万2000台になると伝えた。

1