1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

miim21さん

美白や風邪に良いとされるビタミンC。食べる以外に利用法はある?

ビタミンCとは

ビタミンCは、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、美容のためのビタミンとしておなじみです。

ビタミンCの働き

ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに不可欠です。これより皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。また、病気などいろいろなストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。さらに、抗酸化作用もあり、有害な活性酸素から体を守る働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。

どんな食品に多く含まれているか

ビタミンCの多い食品は、果物(とくにかんきつ類やイチゴ)、野菜、いもなどです。ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いので、できるだけ新鮮な生で食べるのがよいことになります。ポイントは、洗いすぎたり、ゆですぎたり、水にさらしすぎたりしないことです。

コラーゲンの生成に

コラーゲンは美肌を保つために大切なタンパク質ですが、ビタミンCはこのコラーゲンの生成に欠かせない栄養素です。
老化やがんの原因とも言われている活性酸素を自らが酸化される事で身体を酸化から守る働きがあります
白血球の免疫力を高める働きがあります。これにより、風邪やウイルスに対する抵抗力が高まります
副腎皮質ホルモンの生成を促す働きがあり、これにより、精神的なストレスだけではなく、痛みや暑さ寒さといった外的なストレスに耐える力となります
まだ治験段階ではあるようですが、抗癌作用があるという学会での発表もされています
メラニンの生成を抑える働きがあります
鉄分の吸収を助ける働きもあります

ビタミンCは、アスコルビン酸とも呼ばれており、このまま食用としても使用できます。正式名は、L-アスコルビン酸といいます。 ジップ式のものを使うと袋がチャック式ですので、携帯にも便利です。一日500mg~5g程度を飲むと風邪の予防にもなります。。水溶性ですので、水に溶かして飲んでもOK。

お風呂のお湯塩素臭くないですか?

私たちが普段家庭で入っているお風呂はほとんど塩素が入っているのです。今ほとんどの方は、
飲み水は、浄水したり、ペットボトルの水を飲んでいる方が多いと
思いますが、お風呂の水まで気にしている方ってどの位いらっしゃ
いますか?

入浴の際、浴槽に約1gのビタミンCを入れますと塩素の除去が出来ます。(1つまみが約0.3gですので、3回入れて下さい)。
水道水の塩素の匂いが気になる方や敏感な方は、お料理、お茶、コーヒー等に使用される水道水(1リットル)に対して、数mg(アスコルビン酸を小指の先端で触り、くっついた程度のわずかな量)入れるだけで、塩素がなくなります。是非お試し下さい。※量を多めに入れても全く害はありません。また、市販のビタミンCのシャワーヘッドにも使用出来ます。
入浴中のピリッとした刺激は、塩素の影響です。

酸化防止剤、変色防止剤として使用する場合には、対象物に対して0.1~0.2%のアスコルビン酸を投入して下さい。95度で一時間熱しても80%程度アスコルビン酸の効果が保ちます。

お風呂から塩素を追い払う方法

それは、ビタミンC粉末を浴槽に投入すれば良いだけ。

ビタミンC(アスコルビン酸)と塩素が酸化還元反応を起こし、ビタミンCと食塩と水に変化するのです。
一応化学式はこんな感じ。

C6H8O6 + NaClO  → C6H6O6 + H2O + NaCl
(ビタミンC+次亜塩素酸ナトリウム → 酸化ビタミンC+水+塩化ナトリウム)

ビタミンCを投入するタイミング

いつ投入するのかという事ですが、入浴1時間前がベストです。
なので、予めお湯を張っておき、入浴1時間前になったらビタミンCを投入しましょう。


なぜ入浴1時間前なのかと言うと、ビタミンCが化学反応を起こし浴槽内の塩素を全て酸化還元し終わるのが大体1時間だからです。
また、お湯を張り終わる時間と入浴1時間前の時間はなるべく合わせておきましょう。
いつまでも塩素たっぷりの浴槽のままだと、塩素が気化して浴室内に充満してしまいます。

1