1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

GAVEさん

夏の旅行先と言えば沖縄!!

などなど様々なところでオススメされている沖縄!!

美ら海水族館やパイナップル園もいいけど他のところも・・・

最近の世界遺産ブームもあって沖縄の世界遺産を訪れる人も多いのでは?

そこで、沖縄の世界遺産はどうでしょう!

『琉球王国のグスク及び関連遺産群』

沖縄県内に点在する『琉球王国のグスク及び関連遺産群』は15世紀~19世紀にかけ存在した琉球王国の文化を今に伝える遺産群である。

出典くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト

日本や明、東南アジアなどのとの中継貿易で栄えた琉球では、当時の日本文化とは異なる古幾歳色豊かな独自の文化が形成された。

出典くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト

琉球には、およそ300余りのグスクや関連遺産が残されており、そのうちの5つのグスク跡と関連する4つの遺産が世界遺産に登録されている。

出典くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定2級公式テキスト

首里城跡はその中の一つ

今回は、那覇市内にあるものをご紹介

首里城跡

沖縄のグスクの中で最大のもので、琉球王国の成立以来、国王の居城かつ政治の中心地であった首里城。

出典くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定公式テキスト

1945年の沖縄線で灰燼に帰した首里城は、1992年、沖縄の本土復帰20周年を記念して復元されました。

出典首里城公園パンフレット

世界遺産に登録されているのは復元された建物ではなく地下の遺構

王座の正面の足元や、売店をでてすぐの場所から地下の様子を見学することができます。

有名な守礼門は世界遺産とはいえないのですね~

園比屋武御嶽石門

琉球王族の大切な聖域である森「園比屋武御嶽」入口の石門。

出典くわしく学ぶ世界遺産300 世界遺産検定公式テキスト

琉球石灰岩で造られた建造物で、国王が外出するときに安全祈願をした礼拝所である。形は門になっているが人が通る門ではなく、いわば神への「礼拝の門」ともいうべき場所である。

有料ゾーンより前の、守礼門をすぎてすぐの場所にあります。
(神聖なものなので写真は控えましょう)

目立つような看板もないので素通りしていく人がほとんど

以上二つは首里城公園内にあります。

1 2