太平洋戦争敗戦直後に各地で発生した無条件降伏に反対する騒擾事件の一つ。皇国義勇軍事件、島根県庁焼き打ち事件とも呼ばれる。

出典松江騒擾事件 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実は戦後もあった!日本でのクーデター事件

終戦前夜に起こったクーデター「宮城事件」。映画『日本のいちばん長い日』にも描かれた事件が最後のクーデターではない。終戦直後には「松江騒擾事件」、破防法初適用の「三無事件」、三島由紀夫が決起を呼びかけた「三島事件」があり、柳内伸作は自衛官時代にクーデターの必要性を述べ、公安警察は今も自衛隊をマーク。

このまとめを見る