1. まとめトップ

誰もが知っている「QRコード」!発明したのは(株)デンソーウェーブの原昌宏さん!1994年 に

誰でも知っている「QRコード」!1994年 株式会社デンソーウェーブの原昌宏さんが発明!

更新日: 2019年04月22日

1 お気に入り 11426 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chinpei3さん

ーー2019.4.22追記

★原昌宏さんが発明したと明記され公開されている 特許庁の特許公報サイトで ”原昌宏 QR"で検索した結果例

※「原昌宏」をキーワードとして検索 現時点で、なんと194件の特許取得

・特許情報プラットフォーム(独立法人 工業所有権情報・研修館)サイトで

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

 ”原昌宏 デンソーウェーブ”を AND条件を付加して、検索すると、2019年4月22日時点で取得されている特許194件の一覧が表示されてきます。

 もし、詳細がご覧になりたければ、該当部分をクリックすると、その特許詳細がPDF等で表示されるようになっています。

※「原昌宏 QR」をAND条件として検索すると 一番基本のアルゴリズムが特許公報に公開されています

◆興味ある方はぜひ、下記のように「代表図面」を始めとして14ページの明細書が公開されていますので是非、アクセスしてPDFをご覧下さい。

――↓↓2018.9.27時点の記事

★下の「道のり」は「QRコードの開発秘話」として、開発者 原昌宏さん自身の言葉もあり、読み応えのある 資料ですよ!!

ーーー

今では、どこでも目にするようになった「QRコード」

 この「QRコード」は、2次元バーコードというくくりの中の一つなのですが、このコードを発明(新規開発し、国際化させた)したのは、日本の企業なのです。

 その企業とは 株式会社デンソーウェーブ です。
 
 この「QRコード」が、現在では世界中で使われるようになった一番の要因は、特許権の取得は世界中で 株式会社デンソーウェーブ が行っているのですが、その「QRコード」を作成・使用するライセンス使用料をフリー(無料)にするという方針を採用し、先ずは、「QRコード」の世界中での普及を目指したことにあるといえます。

 たとえて言うなら、今、皆さんが普通に文書(多数のページや少量のページ)のものでも、電子文書データとしてメールに添付するなどして、やり取りしているPDFファイル
 これも、PDFを読み込めるソフトAdobeリーダー(閲覧ソフト)を、まずは無料で世界中にばら撒いて広めたAdobe社の戦略と同じ方式といえます。

 この「QRコード」は、1994年 株式会社デンソーウェーブの原昌宏(はら まさひろ)さんにより開発されました。

 この2次元バーコードの1種である「QRコード」を開発するに当たって、原さんが心した事は

★ 『広く世界中に使われていく為に、これから開発する二次元コードに
            不可欠な条件は、世の中には存在しない図形である事』

 だったといいます。 

 その結果が四角い図形の四隅の内の3隅に特徴のあるマークを配置した下図のような図形「QRコード」です。

「QRコード」については本家本元の株式会社デンソーウェーブのサイトにも、さまざまな情報が掲載されていますが、今回は、以前からバーコードや2次元コードを取り扱っていて有名なキーエンスが、バーコードと2次元コードについて詳細かつ分かり易く図説している資料を掲載、もしくはPDFでダウンロード出来るようにしてくれているので、このサイトをご紹介することにします。

 このキーエンスのサイトの中で、皆さんにとって非常に役立つ内容が掲載されているページは


◎バーコードのしくみ

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/basic/mechanism/

◎2次元コードの基本

◆2次元コードとは

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/basic_2d/intro/

 ・2次元コード登場の背景
 ・2次元コードの特長
 ・2次元コードの種類
 ・2次元コードの使用例


◆QRコードとは

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/basic_2d/qr/

 ・QRコードの構成
 ・QRコードの種類と大きさ、データ容量

・DataMatrix(データマトリックス)コードとは

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/basic_2d/datamatrix/
 ・DataMatrixコードの構成
 ・DataMatrix(ECC200)の構成
 ・DataMatrixコードの種類と大きさ、データ量
 ・GS1 DataMatrix

・PDF417とは

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/basic_2d/pdf417/

 ・PDF417とは
 ・PDF417の構成
 ・PDF417の種類
 ・MicroPDF417
 ・GS1合成シンボル

◆2次元コードリーダの読み取り原理
 2次元コードリーダの種類

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/principles_2d/types/

・2次元コードリーダの読み取り原理

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/principles_2d/reading/

・白黒を認識する原理

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/principles_2d/bw/

 ・白黒のとらえ方
 ・色による見え方の違い
 ・読み取り対象ワークの表面状態、形状による特性

・2次元コードの印字方法

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/principles_2d/printing/

・サーマルプリンタの詳細

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/principles_2d/thermalprinter/

 ・プリンタの精度
 ・プリンタのドット密度と印字可能なセルサイズ
 ・熱転写プリンタのラベル、インクリボン、粘着度の選定

・ダイレクトパーツマーキングの詳細

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/principles_2d/dpm/

 ・材質によるマーキング方法
 ・2次元コードマーキング時の注意

・2次元コード検証機

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/lecture/principles_2d/verifier/

◆「よくわかるバーコードの基本」がダウンロード出来るアドレスは

http://www.keyence.co.jp/frontend/download/downloadConfirm.do?fileId=49111,68567&dataKbn=6&motive=CGe

  ■よくわかるバーコードの基本 Vol.1
  ■よくわかるバーコードの基本 Vol.2

  ・上のPDF資料は下記アドレスで、無料のWeb会員登録することで、ダウンロード出来るようになります。役に立ちますから、是非、手に入れてご覧ください。

◆ 無料WEB会員登録画面

https://www.keyence.co.jp/frontend/userlogin/registinit.do

◆提案書満載!とタイトルがつけられている「バーコード資料館」のアドレスは

http://www.keyence.co.jp/barcode/special/codereader/library/?motive=CCl

 ・ここでは、バーコード、2次元コードの基礎から導入/テクニックまでの内容の濃い47種類のカラー資料(PDF)がダウンロードできるようになっています。

1