お笑い方程式「フリ → フリ → ボケ」

オチのパターンの一つ。
定番の型としては、オチの精度を高めるために2回のフリを仕込むという会話術。他にも「フリ → 小ボケ →大ボケ」などがありますが、目的は一緒。話す方向性を明確にし、意外な結末でギャップを生み、笑いを起こすこと。

この情報が含まれているまとめはこちら

3回目がウケるの?お笑いの技術「三段オチ」について

フリ → フリ → オチのユーモア会話術。普段何気に聴いてる面白い人の会話にも含まれてるかもしれません。

このまとめを見る