1. まとめトップ
  2. カラダ

もう後悔…( ;∀;)実は「太りやすい」夏の食べ物

この夏。。。もう後悔しかない。。。

更新日: 2016年08月15日

loomloomさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
142 お気に入り 265654 view
お気に入り追加

夏の食べ物といえば

のど越しの良い冷たい麺類は、他の季節に比べて食べる機会が多いですよね。中でも、そうめんは夏の風物詩といえます

高GI値の食べ物は血糖値を急激に上げてインスリンを分泌するのですが、インスリンは余った糖を脂肪に変えてしまう働きがあるため、太りやすいんです

そうめんは製造過程で油を使うためにカロリーが割と高く、しかも原料は小麦なので栄養価は少なめ。また、つるんと食べられるので満足感が低く、ついつい食べ過ぎてしまうことも

それでも麺が食べたい方は

冷たい麺が食べたいなら、そうめんは避けて、お蕎麦や、具沢山の冷やし中華がおススメ

血糖値の上昇がゆるやかな“低GI食品”として麺類の中ではダイエットにも適していると言われています

そうめんがそばとかうどんより一番太るとかいわれてちくしょうオラアアアア

暑いからついつい飲んじゃう

夏は脱水症状にならないようにこまめな水分補給は大切ですが、飲み過ぎが太る原因になることがあります

スポーツ飲料は、汗によって失われたミネラルや水分を効率よく吸収できるメリットがありますが、同時に体に吸収されやすい糖質が大量に含まれていて、飲み過ぎは太る元です

炭酸飲料などによく使われるアスパルテーム(人工甘味料)。フェニルアラニンとアスパラギン酸を結合させて作られたアミノ酸系の甘味料で、砂糖の約200倍の甘さがあります

え、砂糖の200倍甘いの...Σ(゚Д゚)

人工甘味料は味覚を鈍らせ、インスリンの分泌を狂わせたり、満腹中枢を鈍らせたりするため、かえって太りやすいんです

カロリーゼロと書いてある炭酸飲料にも入ってるんだって…

それなら何を飲めば…?

緑茶の強力なポリフェノール“カテキン”は、基礎代謝をアップしてカロリーと脂肪の燃焼を助けてくれます

カテキンはペットボトル飲料のお茶にも含まれていますので、気軽に摂取できるのも魅力ですよね。たくさんカテキンを摂取したいなら、「濃い目」「濃い味」などと書かれたものを選ぶとよりグッド

暑い夏だから食べたい

1 2





loomloomさん

始めてみました、よろしくお願いします。

このまとめに参加する