1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

劣化知らず!…『アラフィフ』のミュージシャン達が変わらず綺麗だった

2016年にリリースされたCDジャケットが、昔と変わらず綺麗な50歳前後の「アラフィフ」女性ミュージシャンをまとめてみました。

更新日: 2016年08月19日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 6743 view
お気に入り追加

■遊佐未森(ゆさみもり)1964年2月20日生

01風の庭
02せせらぎ
03まばたき
04Theo
05Starlit Sky
06murmuring
07midsummer song
08ベルベット
09sweet snow
10東京タワー
11ほほえみとともに粉雪の舞う

発売日:2016.10.05

今作は、遊佐未森が大切にしている "心のせせらぎ" をテーマにした作品。

忙しない現代社会において、ふと立ち止まって自分の心のせせらぎに耳を傾ける、そんな大切な時を歌ったもの。

比較…24年前のアルバムジャケット

1992年11月1日にエピックソニー から発売された。

宮城県生まれの女性シンガー・ソングライター。88年にシングル「瞳水晶」でデビューし、翌年発表のシングル「地図をください」が日清“カップヌードル”のCM曲に起用され一躍人気を博す。その後も“聴いて幸せになれる音楽”をテーマに、透明感あふれる歌声でアイリッシュ・ポップスなどをベースに癒し系の楽曲を展開。また、海外アーティストとの共演も多い。

■原田知世(はらだともよ)1967年11月28日生

【7"シングルレコード】

A面 1.September (single edit)
B面 1.いちょう並木のセレナーデ

オリジナル盤発売日:2016年09月07日

01. September (竹内まりや)
02. やさしさに包まれたなら (荒井由実)
03. 秘密の花園 (松田聖子)
04. 木綿のハンカチーフ (太田裕美)
05. キャンディ (原田真二)
06. 年下の男の子 (キャンディーズ)
07. 異邦人 (久保田早紀)
08. 夏に恋する女たち (大貫妙子)
09. 夢先案内人 (山口百恵)
10. SWEET MEMORIES (松田聖子)
11. いちょう並木のセレナーデ (小沢健二)

発売日 2016年05月11日

自身の少女時代をテーマにした、ラヴ・ソング・カヴァー・アルバム第2弾。選曲テーマは、<原田知世の少女時代>。

姉と一緒にテレビの歌番組を観て歌手のマネごとをしていた故郷・長崎時代から、角川映画オーディションに合格し東京に出て芸能界デビューした頃にかけて流行したポップス/歌謡曲をカヴァー。

独特の透明感と凛とした輝きはそのままに、奥深い表情を湛える歌声で それぞれの歌詞の主人公を演じるように歌う、女優であり歌手である原田知世ならではの作品。

原田知世 - 『恋愛小説2~若葉のころ』ダイジェスト・ムービー

比較…31年前のシングルジャケット

1985年7月にリリースされた原田知世の7枚目のシングル

長崎県長崎市出身の歌手/女優。82年に“角川・東映大型女優一般募集”オーディションでの特別賞受賞を機に芸能活動を開始し、14歳でドラマ主演と歌手デビューを果たす。翌年には『時をかける少女』でスクリーン・デビュー。以降、女優とアーティストを両立。歌手としてもコンスタントに作品を発表するほか、pupaなどのバンドにも参加。また、ナレーションやCMなどでも活躍。

原田知世アイドル初期のベスト盤を聴きながらオリンピックを見ているのは、この日本できっと僕だけだろうな。 pic.twitter.com/EgNlkxarkC

原田知世幾つになってもお綺麗… 私もこんな女性になりたいなぁ(^-^)憧れる♡

■野宮真貴(のみやまき)1960年3月12日生

1. Prelude
2. 男と女
3. 双子姉妹の歌
4. 渋谷で5時
5. 或る日突然 (Gainsbourg Version)
6. ウィークエンド
7. 男と女 (All Scat Version)
8. 東京は夜の七時 (盆踊りVersion)
9. スウィート・ソウル・レヴユー (盆踊りVersion)

他、2枚組  8.31リリース

映画「男と女」50 周年記念のオフィシャル・サポーター・ソングとして野宮真貴と横山剣とのデュエット、小西康陽の訳詞による、新しい「男と女」を収録。

1 2





ラガモさん



  • 話題の動画をまとめよう