1. まとめトップ

冷却水LLCの補充と交換方法      スマホころがし太郎

ラジエターに入っている冷却水LLC(ロングライフ・クーラント)の補充方法と、交換方法をまとめてみました。

更新日: 2018年01月03日

0 お気に入り 8273 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■LLCって何?

車のエンジンフードを開けると、1番前にラジエターというものがあり、この中に冷却水として、LLC(ロング・ライフ・クーラント)と呼ばれる不凍液が入っています。

若干熱で蒸発しますので、たまには補充したり、2年に1度車検の時にきちんと交換しておくと車が長く持ちます。

■LLCを買いに行く

写真はグッディのLLC売り場ですが、希釈(薄めて)して使うタイプと、そのまま入れる対応の2種類あります。

(写真はクリック2回で最大表示可)

★どんなLLCを買えば良いの?

LLCは、ラジエターの下裏側の右などにドレンコックがあり、それを外すとラジエター内のLLCが抜けます。

でも、構造上エンジン内部に入っているのは抜けないので、原液をそのまま入れるタイプを買う方が手間が要らないので、素人にはお勧めになります。

■ロートを買いに行く

ロートは、100円ショップで買う方が安いです。

LLCはアルコール類で人体に影響あるみたいですので、車用に1個用意した方が良いです。

ホームセンターで買うと1個¥300とか、¥500とかしますが、100円ショップでは100円です。

■どんなロートを買えば良いの?

2個ワンセットになっています。(1個50円程)

・楕円形になっているのでこぼれにくい。
・フック用の穴が開いている。
・ロートの先端の太さ

以上3点でこのロートを買いました。

■LLCの補充方法

今回車検を終えた後になるのですが、冷却水の量が減っていました。

いつもは車検時にLLC交換していますが、真夏(8月15日)の為、先に補充をして、涼しくなった時に減った量をチェックしてから交換する予定です。

そんな感じですので、先に、「LLCが減っている時に補充する方法」から解説していきます。

★ルミエールでLLCを購入

古河工業の原液タイプ2Lが、税込み¥499だったので即買い。

★漏れている原因を考える

漏れている箇所を探してみたのですが、ラジエターキャップが怪しいです。

とりあえず1度外してみてチェック。

新車からもう20年以上使っているので交換しておきましょう。

これは2016年6月に車検をGSに依頼した時に交換が高かったのでそのままにしていたので、古いLLCです。

意外に思われるかもしれませんが、新車から20年経過し、こんな色をしています。

カーディーラーにスマホから電話したら、「8月16日まではお盆休みです」ということなので、LLCだけを先に補充することにしました。

これはリザーブタンクが空なので、これ以上減ると空気抜く作業が発生するのが面倒くさいからです。

★リザーブタンクにLLCを補充

昨日ルミエールで、\499で買ったLLCです。

見たらもう空という状況でした。

これ以上減ると空気を抜く作業が発生しますので、ふたを開けます。

昨日買った100円ショップで2個セットの大きな方をリザーブタンクにセットしました。

このLLCはキャップにゴムとかがないタイプなので、この封印は捨てない方が良いです。(再利用する為)

2Lなのですが、リザーブタンクに半分も入りました。

Maxの線より1㎝くらい上まで入ってしまいました。

リザーブタンクとか、その周辺はこのウェットタオルで掃除します。

汚れを吹いてから補充する方が良い気がしますが。

1 2