1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

miim21さん

プロフ写真をよく変える人は二重人格!?

寂しがり屋な人

寂しがり屋な人です。「また写真が変わった!」と、常に友達に注目をしてもらいたいため、ひんぱんに写真を変えるのです。変える頻度は、1カ月に1回くらいだったり、月に数回だったりさまざまでしょう。実は、写真を変えるのがひんぱんであればあるほど、現実のキャラクターとSNSでのキャラクターの違いが大きい人が多いのです。きっと、本性を出すことで、あるいは、まったく違う性格を演じることで、日頃のストレスを発散しているのでしょう。

アイコンを頻繁に変える人の特徴のひとつとして、ツイート数が多いです。また、感情の変化が激しいです。

感情の変化が激しい

おそらく、アイコンを頻繁に変える人の根底にあるのは「かまってちゃん体質」だと思います。
かまったら負け!!

根底にあるのは、かまってちゃん体質

新しい写真を撮ったら変える人は人の好き嫌いが激しい

ひんぱんに写真を変えるほどマメではないけれど、「これは受ける!」と思った写真が撮れたら、SNSの写真変えてみようかなと、ふと思う人。こういうタイプは、気まぐれです。日記やつぶやきも、ひんぱんにアップする時もあれば、しばらくほったらかしの時も。また、人の好き嫌いが激しく、好きな人とだけ深く交流するタイプなので、SNSでの友達の人数はあまり多くはないでしょう。

写真の設定を一度したらずっとそのままの人は人と深く交流することを避ける

自分の顔ばっかりUPしてる人

ぶっちゃけ承認欲求の現れ

自分の顔のアップ画像、しかも” あざとい “顔画像の場合は、かなりの確率で、褒めりゃ落ちる。

「承認欲求が強い=自分に自信がない」ってことだから、押して、褒めて、イケイケドンドンで攻めれば、割りと落としやすいタイプでもあります。

意中の子がこういうタイプなら、比較的落とすのはカンタンなタイプなので、とりあえず褒めとけ。

TwitterやFacebookなどでは、プロフィールの画像というのは、発言の横にアイコンみたいにして表示されるものだ。マンガの人物と吹き出しみたいな関係に似ている。本来はここに自分の写真を使う事を想定して作られている。それぞれの写真が登録されているのだったら問題ない。写真の人物がしゃべっている。実写マンガだ。

「隠れ自己主張が強いタイプ」だから、とにかく褒めるんじゃなくって、人とは違うところに焦点をあてて褒めることと相手の話を聞いてあげることが一番。

人と深く交流することを避ける
 細かいことは気にしない、大らかな人です。そもそも、プロフィール写真を変えることなど、思いつきもしないのではないでしょうか。こうした人は、どんな人とも付き合えますが、あまり深くは交流しない傾向があります。友達申請をもらえば、気軽にOKするでしょう。ただし、堅苦しい話、深刻な悩みなどをアップしている人とは友達になりません。関わったら、面倒なことになりそうだからです。

1

関連まとめ