1. まとめトップ

TOKIOにKAT-TUN…SMAP解散で後輩たちが語った想いが深かった

衝撃の解散を発表したジャニーズの国民的アイドルグループSMAP。芸能界でも大きな波紋を呼んでいる彼らの解散ですが、当のジャニーズ事務所の後輩たちにも大きな影響が。TOKIOやKAT-TUN、NEWSなど、ジャニーズの後輩たちがSMAP解散について語った想いをまとめました。深いです。

更新日: 2016年08月19日

4 お気に入り 287822 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・衝撃の解散を発表したジャニーズの国民的アイドルグループSMAP

解散・分裂報道から数ヶ月、ついに解散を選んだSMAP

国民的アイドルグループ「SMAP」が、2016年12月31日をもって解散することが8月14日未明、ジャニーズ事務所から発表された

今年1月の解散騒動を受け、2月から事務所がメンバーと話し合う中で、「今の状況ではグループ活動を続けることは難しい」とメンバー数人から申し出があり、協議を重ねたが、グループ活動続行は困難との結論に達したという

メンバーの中居正広(43)、木村拓哉(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)の5人の所属事務所は変更なく、今後はそれぞれの「個人活動に精進する」としている

CDデビュー25周年にもかかわらず、新曲の発売やコンサートツ アーの発表なども行われないため、動向が注目されていたSMAP。結果的にメンバー間の溝が埋まらなかったよう

今年1月に突如勃発した解散騒動とグループ活動継続宣言からわずか7カ月、急転直下で解散が決定した

・芸能界でも大きな波紋を呼んでいる彼らの解散

海老蔵さんを始め芸能界で大きな波紋を呼ぶ解散発表

深夜に突然駆け巡ったSMAP解散報道。衝撃の発表に芸能界にも激震が走り、多くの芸能人がブログやツイッターでSMAPへの思いを綴った

歌舞伎俳優の市川海老蔵は14日夜、自身のブログを更新。SMAPの解散について、「解散してほしくなかった」「再結成するように応援しなくちゃ」と思いを明かした

和田アキ子は14日の「アッコにおまかせ!」で「オリンピックの真っ只中で、なんで今なんだろう?」と疑問を口にし「解散するのに事務所は辞めないで、契約も残っている。これこそファンはよく分からないんじゃないの?」とファンを思いやった

SMAPに歌詞を提供するなど親交が深い爆笑問題・太田光は、14日の「サンデー・ジャポン」にて、「残念というかショックですけど…本人たちにしか分からない」と複雑な心境を吐露。また、SMAPの代表曲の一つ「夜空ノムコウ」の作詞を手がけたアーティストのスガシカオは、解散発表直後、「うそだろ・・・」とツイートした

国民的グループの解散に、ファンのみならず多くの人々が驚きと悲しみの声を寄せており、ミュージシャンや著名人の間でもSMAPの解散について悲痛な想いが多数寄せられている

・それは当のジャニーズ事務所の後輩たちも同じで、それぞれに想いを語っている

▼TOKIOの山口達也さん

TOKIOも解散危機があったという山口さん、グループ解散に理解も示す

TOKIOの山口達也(44)が8月15日、月曜レギュラーを務める日本テレビ「ZIP!」で五輪開催中のブラジル・リオデジャネイロから生出演。SMAPの解散について語った

山口は「リオに着いて一発目に聞いた情報が『SMAPが解散します』という情報で、まずビックリです。残念というのも正直自分の中であるし、簡単に言っていいのかなというのもある」と言葉を選びながら話した

続けて「TOKIOだってそうだし、グループが結成してデビューして走り出したとき、そういうことは意識しないですけど、絶対どこか心の中に『解散』というものと隣り合わせで活動をしていて、どうやってグループを続けていくのか、ファンを喜ばせるのか意識しながら走っていかなければならない」とグループ活動の“本音”を語る

さらに「TOKIOも解散(の話題)が出たことはたくさんあります。(SMAPの解散については)いいか、悪いかの判断は誰もがしてはいけないと思う。」とSMAPのメンバーの判断を尊重する考えを示した

そして、「12月31日でSMAPは解散しますが、これがいいのか悪いのかという判断はだれもがしちゃいけないと思う」とし、「個々はまだ活動していくということなので応援し続けるということはできると思います」と意見

「SMAPは一回無くなってしまいます。戻るかどうかというのは、誰もわかりません。メンバーも発言する場所がなくてモヤモヤしていることもあるかもしれません。それは私の憶測です。12月31日までSMAPという形がある以上、SMAPを応援したいと思います」と呼びかけた

▼TOKIOの国分太一さん

「後輩は信じるしかないので」とする国分さん

8月15日放送のTBS系「白熱ライブビビット」でメインMCを務めるTOKIOの国分太一(41)が、SMAP解散報道について語る場面があった

冒頭でカメラの前に1人で立った国分は「昨日の未明に届いたSMAP解散発表のニュース。このように各紙大きく扱っています」と話し出し「1月の騒動から8月15日になるまで、いろいろなことを考えて僕は信じていましたけれども、結果こういう発表になってしまいました。非常に残念ですし、ショックです」と思いを打ち明ける

国分は、時折目を潤ませながら「まだなんか信じられないというか、僕の中で半信半疑でいますね。誰もこの結果をハッピーだと思ってないと思う」と正直な感情を吐露

グループを続ける難しさについて、「グループって本当にいろんなことが起こる。グループを良くするためにぶつかっていくが、その中で色んな事が起こる。TOKIOもいろんなことでぶつかり、話し合って進んでいる状態。長くやるのは難しい」と、自身に重ね合わせて思いを代弁

1 2 3