1. まとめトップ
  2. カラダ

思わずやってる…ブスになっちゃう椅子の座り方

これはヤバイ

更新日: 2016年08月16日

417 お気に入り 245617 view
お気に入り追加

ついやりがちな間違った座り方

無意識に残念な座り方をしている女子は、意外と多いらしく…

実は毎日の座り方こそが、ぼってりとした太ももや、たるんだお尻を引き起こす原因になります

座り方次第では、座るだけで痩せられたり逆に太ってしまう原因になったりもします

座るときの姿勢が悪いとサイアク

腰痛だけでなく、下方向に力をかけてがかかり、顔のたるみなども引き起こします

さらに、血の流れは悪くなる一方で、甘やかされたお腹と背中のまわりに、お肉が徐々についてきてしまいます

机に肘をついて座るのもキケン

上半身を支える筋力が少なくなると、無意識に肘で体を支えたくなるらしくて…

肘をつくことで猫背が強調され、顎が前にでてくるという悪い姿勢になりがちです

「肘乗っけ座り」を続けていると、肩が持ち上がって脇周りが弛み、気が付けば背中がハミ肉だらけのオバサン体型に…

座るときの脚クセも悪影響が

椅子に座るときは脚を組むのはやめましょう。脚を組むと骨盤の歪みにつながるので良くありません

骨盤の歪みは、血行不良や代謝不良を招くことから下半身太りを引き起こし、また、深刻なXO脚をも招きます

また、脚を組んでいる部分が圧迫され、血液やリンパの流れが阻害され血行不良につながります。冷え、むくみの症状が現れやすく、脂肪がつきやすくなってしまいます

内ももの内転筋群が衰え、下半身の脂肪の蓄積やお尻の下垂に繋がり、ボディに悪影響があるだけでなく、見た目も格好悪いです

座りっぱなしもブスになる。。

座った状態が長く続くと、全身をめぐる血流、リンパの流れが悪くなって、脚がむくみ、下半身のセルライトも増えやすくなるだけではなく糖尿病などのリスクが高くなってしまいます

さらに便秘にもなりやすくなるので、太りやすくなります。股間節を圧迫していることも、下腹ぽっこりの原因になっています

他にも、「1日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する」「太っている人は、やせている人に比べて1日に2時間半長く座っている」など、なかなか衝撃的な内容も提示されています

(´;ω;`)ブワッ

1 2





テヘペロスさん

NAVERまとめはじめましたぁ~☆

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう