主な動物を描いた地上絵の規模としては、長さ46mのクモ、96mのハチドリ、55mのサル、65mのシャチ、180mのイグアナ、135mのコンドルが挙げられる。

出典ナスカの地上絵 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界の不思議【ナスカの地上絵】画像一覧

世界遺産、ペルーのナスカ地上絵。誰が何のために作ったのか。多くの謎が残されています。その地上絵を画像一覧でまとめました。

このまとめを見る