奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科の横田教授・明石助教らの研究グループによって、
カラハリスイカの生理・代謝・環境応答などの分子メカニズムが次々と明らかにされてきました。
カラハリスイカは、環境ストレスに伴ってタンパク質と代謝産物の構成を劇的に変化させ、
また根や葉の形態を巧妙に変化させることで、ストレス環境に適応していることがわかってきました。

出典カラハリスイカなど植物バイオの植物ハイテック研究所 < Phitの研究 < カラハリスイカ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

なにそれ?【カラハリスイカ】が持つ効果がすごい。インフルエンザ増殖抑制も?

インフルエンザウイルスの増殖抑制に、「カラハリスイカ」が効果を示すことが解った。「カラハリスイカ」美容や健康維持に一役買うかも。

このまとめを見る