スポンサーとなって支援してくれる企業を探していた。飛び込みでの営業である。すると、ある食品会社から、「お金をあげることはできないけれど、餃子の販売権をあげるから、そこで得た利益を使ってみてはどうか」と提案を受けた。そして各地で行なわれる物産展などに出店。餃子のほかにも、パンやドーナツなどを販売し、その収益の一部を、育成事業にあててきた。

前へ 次へ