1. まとめトップ

文化が違うから面白い!外国人が繰り出すおもしろツイートまとめ

日本に来た外国人の言葉や反応、面白い海外の生活や出来事のTweetまとめました

更新日: 2019年02月17日

12 お気に入り 68517 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s.nさん

オッパイ!

イタリアではおっぱいをseno(セーノ)というが、日本人が重い物を持ち上げる時にオッパイ!と掛け声をかけるのがイタリア人にとってはすごく面白いらしい。

首を洗うとは

万国共通

「ギンギラギンにさりげなく」

私の友人に中国人の方がいて、その方に 「今までで一番難しかった日本語は?」 って聞いたら 「ギンギラギンにさりげなく」 と言われて以来未だに納得のいく説明が出来ずに悶々としている

国のせいじゃなくて俺のせい

ネパールに来ている。Wi-Fiが全然繋がらないのだけれど、とホテルの人に伝えたら「この国では電気とWi-Fiは未だに安定しないんだよ」と言われた。そうなのか、と思いながら部屋に戻ると、フロントから「ごめん、ルーターの電源が入ってなかった。国のせいじゃなくて俺のせいだったわ」と電話がきた。

先入観のない外国人の洞察力

米国人の後輩ジェフが「母親がヒステリーののび太は成績が悪く卑屈に育ち、親が愛情を与えず見境なく物だけを与えたスネ夫は権威主義の卑怯者に育ち、母親に虐待を受けたジャイアンは友達に虐待の連鎖を行なう。ドラえもんは家庭問題を深く描いた名作です」先入観のない外国人の洞察力はなかなかである

慣れっこ

イギリスの取引先から注文していたものが届いたんだけどまた間違ったものが入っていて、開けるなり無意識のうちに「ん〜〜〜惜しい〜〜〜これではないッ!!!」って口に出してた、もう本当に慣れっこです、楽しくやりましょうね

思った以上にコタツ

「イランにもコタツがある」と聞いたが、思った以上にコタツだった。 冬の寒い時季の家族団欒に大人気の伝統家具のひとつだそうで、コルシと呼ばれている。同様の家具はアフガニスタンやタジキスタンでも使われているらしく、パミール出身の友人も「昔うちにもあった」とか。写真はネットより拝借。 pic.twitter.com/EhFWrgs2lr

母国語

外人に間違えられたエピソードで一番笑ったのは沖縄出身の友人が銭湯で隣に座った中東方面の人にいきなり母国語で話しかけられたという話です

ブリティッシュジョーク

知り合いのイギリス人、なんで日本にきたの?って聞いたら「料理がまずいから」と答えるし大英帝国が繁栄した理由聞いても「料理がまずいからだ」と答えるし大英帝国が崩壊した理由聞いても「料理がまずいから」と返すので事実にしてもブリティッシュジョークにしても本場は違うなという気持ちになった

「センパイ寿司」

【ドイツ帰郷を実感させるものども】 あやしすぎるゲルマン寿司! しかも商品名が「センパイ寿司」! 微妙に危険でマニアックな香りが漂っていて見のがせない。 pic.twitter.com/gh7N9cxgOX

一応シェア

ベンガル人タクシードライバーから「君の国では魚を生で食べたりするんだろ? あれはやめたほうがいい。魚はまずターメリックをまぶしてから油で揚げ、そのあとスパイシーに調理するものなんだ。このことは日本の友達にも伝えておくといいよ」と言われたので一応シェアしておきます。

ヤムイモは調理できない

「あなたの怒りがどれほど熱くても、ヤムイモは調理できない」 ナイジェリアの諺

ピザ食べながら作業したい

1 2 3 4 5 6 7 8