1. まとめトップ
  2. 雑学

黒歴史なの? 歌手デビューをしていた意外な人達

歌手活動を封印、黒歴史化させている有名人をまとめた。

更新日: 2016年08月17日

mashikaraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
69 お気に入り 191934 view
お気に入り追加

★ メイプル超合金のカズレーザーはかつておもしろ演歌歌手だったという

演歌歌手時代の映像は一切残っていない

安藤は同じ年代の頃、レスラーとしてプロレスのリングに上がっていたと明かすと、カズレーザーは「おもしろ演歌歌手」だったと告白した。

カズレーザーによると写真や映像も残っていない、まさに「暗黒時代」だったと振り返っている。安藤が「本当に黒歴史ですね」と指摘する。

カントリーズえざおさんの2014年のブログによるとやはり、元演歌歌手なだけあってカズレーザーは歌が上手すぎるって書いてある!! pic.twitter.com/HbjDmFlLRU

カズレーザーが「ワイプも何も出ないです。資料映像すらないぐらいの」と述べると画面右半分に「写真・映像 残っていません」と表示された。

★ 斎藤工は2011年に歌手デビューを果たしている

きっかけは東日本大震災

「自分の中では常に音楽と芝居という2つの表現をしている」と語る斎藤工。彼は東日本大震災の後に多くのアーティストがさまざまな形で被災地を支援していることに触発されたという。

『燦々』は、一青窈の「ハナミズキ」などを作曲したマシコタツロウが手掛け、切なさの中で輝く未来を歌うミディアムナンバーとなっている。

「懐かしさと新鮮さを同時に感じ、不思議な気持ちになりました。マシコタツロウさんの描く"被災と斎藤工"が自分の本音に近かったです。最も"今"歌いたい楽曲でした」

★ 桐谷美玲も2011年に歌手デビューしているが、自分で黒歴史だと思っていた

女優・モデルの桐谷美玲が「ビストロSMAP」で、歌手デビューの過去をバラされ、赤面する一幕があった。

中高生から絶大な人気を誇るモデルで、現在は女優としても大活躍中の桐谷美玲が、“ダブル主演”を務める2本立て映画『乱反射』、『スノーフレーク』の主題歌を担当。

主演映画の主題歌を担当

香取慎吾が「(曲は)桐谷さんが2011年に発売したシングルです」と説明すると、桐谷は「あ、ちょっと待って!」と顔を手で覆いながら大慌て。

ドラマの共演者たちからも「え、そうなの!?」と驚きの声が上がり、「あーもう、今の気付いていたんですけど、絶対に自分から言わないと思っていた」と苦笑いした。

★ 生田斗真は子役の時にバンドデビューを果たしていた

「天才てれびくん」の企画バンドでギターを担当

過去にテレビ番組の企画として、「ストロベリーパフェ」名義でCDデビューしていた“秘密”を告白し「別に隠していたわけじゃないですけど」と照れ笑いを浮かべた。

1990年代に出演していた『天才てれびくん』の企画で、タレントのウエンツ瑛士らとバンドを結成。

「実はCDを出してて…今まで黙ってたわけではないんですが。僕のことを昔から追いかけているくれる人は知ってるかも? 『ストロベリーパフェ』っていうんです。子どもっぽいでしょ?」としたり顔で明かした。

「天才てれびくん」の1996年度に結成されたバンドグループ。グループ名は視聴者からの公募を基に、ミュージシャンの王様が命名。 1997年度のイベントで、持ち歌に当時のOP、EDなど3曲を演奏するライブを行い、これが彼らの最後の活動となった。

1 2





mashikaraさん