1. まとめトップ

腸内ケアを行い、善玉菌を増やして腸の中をきれいにすれば、お肌もカラダも健やかになります。そこで腸内環境についてまとめてみました!

腸内ケアの前に腸内環境について知っておこう!

腸内細菌の種類は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類

腸内フローラは腸内細菌で構成されています。そして、この腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の大きく3つに分けられます。

病気を寄せつけない体とは、血液がキレイで、血流のよい体です。血液をキレイに保つためには、腸内環境を整え、自律神経のバランスを良好にすることが不可欠。“病気”と“血液と腸と自律神経” の関係を詳しく見てみましょう。

腸内環境の悪化とは?その仕方について

腸内環境が悪化するおもな原因は【便秘】です。便秘というのは食べ物のカスが腸内に長く停滞した状態のことですが、長くとどまった食べカスは腐敗して、腸内環境を悪化させます。

腸内環境が悪くなると、脳の活動にも悪影響が出てきます。精神的に不安定になったり、身体の免疫システムが弱まることで、風邪や食中毒などの感染症をはじめ、ガンなどの病気が発症しやすくなったりします

腸内ケアで便秘解消!美肌を手に入れよう

「おなかがぽっこり出る」とか「肌の調子が悪い」という自覚症状があるのに、便秘への意識が非常に低いのが現代女性の特徴です。

便秘になると腸内に長く便がとどまり、ついには腐敗してしまいます。そうして出た毒素が血液中を周り、吹き出物となって現れてくるのです。

「美肌は腸から!」と言えるほど、腸内環境はお肌と密接な関係があります。
また、健康面にも大きく影響するとなれば是非正常に整えておきたいものです。
あなたの腸内環境は大丈夫ですか?

「便秘なんてみんなよくあること」とそれほど問題視していない人も多いですが、実は、便秘は、腸が発信している危険信号です。

悪玉菌が増えるのは何故?腸内環境への影響は?

悪玉菌は肉が大好物!特に、完全に胃で消化されなかった肉類は、腸で腐敗便となり、悪玉菌の格好のエサになる。たんぱく質やアミノ酸を分解し、悪臭のする有害物質を作り出す。

軟便が続く場合、腸内環境が乱れていることも考えられます。生活習慣の乱れ等によって、悪玉菌が増える等、腸内環境が乱れると、水分を多く含んだ便が排泄されやすくなります。

腸の動きが鈍くなり、便秘や下痢を起こしやすい
アンモニアなどの有毒物質を生成
クサイおならや便が出る
有害物質が血液に溶けて全身を巡るため、肌荒れや頭痛などの不調が出たり、口臭や体臭が強くなる

善玉菌の増やしかたとは?

善玉菌が好む餌が腸内に到達すれば、善玉菌はどんどん増殖します。

善玉菌が好む餌には
オリゴ糖
水溶性食物繊維

があるので、これらを効率的に摂取すると良いでしょう。

腸内環境を改善し、良好に保ってくれることで注目される善玉菌。健康にはもちろん、美容にもよい影響を与える善玉菌を増やすには、どのような方法があるのでしょうか?

そもそもお腹の調子が悪いのは、腸内細菌が善玉菌より悪玉菌がより多い状態だからです。
オリコ糖は大腸に到達すると、腸内環境の善玉菌であるビフィズ菌の餌となって、
腸内のビフィズ菌を増やします。

納豆には悪玉菌を殺す納豆菌が含まれます。納豆菌は腸内の善玉菌になり、ほかの善玉菌も増やします。
悪玉菌を殺す働きをもつのが、納豆に含まれる納豆菌。納豆をとれば、腸内の悪玉菌が減っていき、逆に善玉菌が増殖。

「善玉菌を増やす食べ物」で紹介したように、ヨーグルトや乳製品乳酸菌飲料のほか、味噌や漬物などの発酵食品を食べたり飲んだりすることでも、腸内環境を整えることはできます。

食物繊維は腸内細菌のエサになったり、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促し大腸内の残留物を排出したりするため、腸内の改善に必要不可欠だと言われています。

きのこは、きのこ自体が菌なので直接菌をそのまま取り入れることができ、菌活に効果があります。また、腸内環境を整える善玉菌は食物繊維やオリゴ糖をえさにしているので、食べるだけで善玉菌は増えていきます。

生活習慣を改善で腸内環境は良くなる!

食事だけでなく、生活習慣の改善も、腸内環境を整えるためには必要です。

食事を決まった時間に取り、睡眠も十分に取る。ウォーキングやストレッチなどでほどよくカラダを動かし、適度にストレスを発散することを心がける。そして、暴飲暴食は避け、アルコールの摂取もほどほどにする。

1





sahmuさん

このまとめに参加する