1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼近藤真彦と中森明菜はデキている 当時は誰もが知る噂のカップルだった

▼雑誌の表紙、歌番組、バラエティーなど共演も多数 あの2人は怪しいと誰もが交際を疑った

▼1985年1月 映画『愛・旅立ち』で共演 噂の二人の共演に当時は「おいおい、本当にいいのか?」と思ったものだった

『愛・旅立ち』(あい・たびだち)は、1985年に公開された、フィルムリンクインターナショナル製作の映画である。監督は舛田利雄。近藤真彦、中森明菜主演作品。

▼そして事件は起きた

1989年7月11日、当時交際をしていた恋人で歌手の近藤真彦の自宅マンションにて自殺未遂事件を起こし、芸能活動を約1年間休止する。

1989年7月11日、留守中の近藤真彦さんのマンションで左手首を切り自殺を図ったというのだ。

幸い大事には至らなかったが、当時の芸能界には大きな衝撃が走った。順調な交際なら自殺未遂などしない。2人の仲はかな煮詰まっていたことが容易に想像ついた。

▼マッチに大金を貢がされた明菜

明菜はマッチと付き合ってた時マッチに「結婚に向けて住まいと家具を買おう」といわれ、 8000万円を渡したが金はレースにつぎ込まれ家具はマッチに持ち逃げされた。

それ以外にも総勢数億円がマッチに貢がされたという。

そしてマッチと松田聖子とのアメリカでのキス写真がマスコミに流出しそれを知って明菜はマッチの部屋で自殺未遂をした。

▼近藤真彦は1984年に富士フレッシュマンでレースデビュー 自殺騒動の頃にはF3に参戦していた

▼明菜を潰すために事務所独立の罠にはめたメリー

自殺未遂はマッチの部屋だったので真っ先に駆けつけたのはジャニーズのメリー副社長だった。

明菜は病院に運ばれ面会謝絶とされ、明菜の所属事務所の研音は事件後1ヶ月間も明菜と会わせてもらえなかった。

その間にメリーはいかに明菜が研音に搾取されているかというデタラメな情報を吹き込んで明菜と研音の関係にひびを入れ独立をそそのかす。 (当時明菜の年収は5000万円でマッチは月収90万円。メリーの悪質な嘘だった)

マッチのことが好きな明菜はマッチ側の人間であるメリーを信じてしまい研音から独立。

マッチの担当だった小杉理宇造(現ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役。山下達郎の事務所スマイルカンパニーの代表)と個人事務所コレクションを設立

しかしメリーは明菜に金屏風前での謝罪会見をさせた後、本格活動を再開させないうちに小杉を降ろしてしまい、はしごを外された明菜はひとりぼっちにされ路頭に迷うことになる。

独立は明菜を潰すためのメリーの罠だったのだ。

▼明菜を騙して金屏風前で謝罪会見させたメリー

自殺未遂後、明菜を研音から引き離し独立させたメリーは「マッチとの婚約会見をするので出てきてほしい」と明菜を呼び出す。(なので金屏風)

明菜が会場へ行ったところ「近藤さんは関係なかったといいなさい」とメリーに言われ謝罪会見をさせられる。

同席したマッチも自分は関係ない風を装った

明菜には紅白で復帰というオファーがあったのだがメリーがそれを潰し明菜は紅白の裏で謝罪会見をさせられた。

▼明菜復活コンサートの邪魔をするメリーとマッチ

1 2