1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

全階級制覇なるか?!女子レスリングで金メダルラッシュ!!

女子レスリングで金メダルラッシュ!!

更新日: 2016年08月18日

blue_tigerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 58759 view
お気に入り追加

登坂絵莉選手が女子48キロ級で金メダル!!

五輪初出場の登坂絵莉(22)=東新住建=が、決勝でマリア・スタドニク(アゼルバイジャン)に3-2で判定勝ちし、金メダルを獲得した。

世界選手権3連覇の登坂が決勝でぶつかったのは、昨年の世界選手権決勝で下したスタドニク。第1ピリオド、足を取られて押し出され、0-1で折り返す。第2ピリオドも先にポイントを取られて0-2。その後1ポイントを奪い1-2から、終了間際に相手の足を取ると、バックに回って2ポイント獲得。その直後に終了のブザーが鳴る劇的な逆転勝ちで、金メダルをつかみ取った。

「よかったです。いろんな人の顔が浮かんで、感謝です。(最後の攻撃は)ここしかないと思って。これで取れなかったら後悔すると思って、力入れて最後、取りました」と、晴れやかな笑顔で語った。

伊調馨選手が女子史上初の五輪4連覇達成!!

レスリング女子フリースタイル58キロ級の伊調馨(32=ALSOK)が17日、決勝でワレリア・コブロワゾロボワ(ロシア)を下し、五輪4連覇を達成した。全競技を通じて個人種目の五輪4連覇は男子4人が達成しているが、女子では史上初の快挙となった。

長年、女子レスリング界を一緒にけん引してきた吉田沙保里よりも1日早く、五輪史上初の快挙を成し遂げた。準決勝は第1ピリオド2分すぎにバックに回って4―0とすると、さらにアンクルホールドを一気に3回重ねてテクニカルフォール勝ち。3―1と小差の勝利だった3回戦から一転、納得の内容で完勝。決勝はリードされる展開となったが、残り5秒で逆転し、女王の意地と実力を見せつけた。

土性沙羅選手が69キロ級で圧巻の金メダル!!

レスリング女子フリースタイル69キロ級で土性沙羅(21=至学館大)が決勝でナタリア・ボロベワ(ロシア)を破り初出場の五輪で金メダルを獲得した。69キロ級の前に行われた48キロ級では登坂絵莉(22=東新住建)が、58キロ級では伊調馨(32=ALSOC)が金メダルを獲得しており、日本勢はこの日行われた3階級すべてを制した。

1回戦で13年世界選手権女王スタドニク(ウクライナ)を11―2と破り、2回戦は12―0のテクニカルフォール勝ち。3回戦は7―2、準決勝も12年世界選手権覇者のフランソン(スウェーデン)に7―2と、いずれも逆転勝ちした。低い姿勢から相手をよく観察しての片足タックルが光った。決勝も先にポイントを許す展開となったが、終盤に2ポイントの技が決まって同点に追いついた。そのまま終了となったが、より高いポイントを奪った土性が優勢勝ちとなり逆転で試合をものにした。

ネットでも大きく話題に

女子レスリングすごすぎるんだけど、何がびっくりするって金メダルとった登坂選手と土性選手が子供の頃に憧れてたのが吉田沙保里選手っていうのがヤバい。子供の頃に憧れてた選手がまだトップに君臨し続けているってハンパないどころじゃない。

女子レスリング陣三人の見事な逆転勝ちを見るにつけ、「私のようにわりとすぐに『あーもうやーめた』と勝負を放り出す人間がいるから、このように諦めない人が輝くのだ」と、私も輝きますね。

相変わらず女子レスリングの方達は「監督に」肩車されるんじゃなくて「監督を」肩車するんだなw いやしかし凄い!おめでとうございます!

女子レスリング強過ぎ。これに加えて明日は霊長類最強の吉田沙保里が控えている。

昨日まで「卓球、中国無双しすぎ……」 今日から「女子レスリング、日本無双しすぎぃ!」

残りの3階級にも期待がかかる

53キロ級、吉田沙保里選手

外国人記者からも質問が飛び、「ライバルはいるか」という質問に、伊調は「出場選手全員をチェックし、誰と当たってもいいように練習してきた。ライバルとか手ごわい相手はいない」と話した。

吉田は日本の体操団体が金メダルを取ったときは「見ていて鳥肌が立った」という。「これまでやってきたことを全部出し切れば大丈夫だと思う。4連覇を果たしたら、天国の父に報告したい」と語った。

63キロ級、川井梨紗子選手

本来より2階級も上の63キロ級で初五輪を決めた梨紗子は「負けん気だけで、ここまで来た」と胸を張る。体内に宿る母親譲りのレスラー魂。初江さんの夢を背負い、リオのマットに上がる。

両親もレスリングの選手だった。小学2年生の時だった。孝人さんは軽い気持ちで「大会あるよ? やってみる? メダル欲しい?」と誘った。好奇心旺盛な梨紗子は「うん」と即答。1か月の練習で出場し、初戦敗退。梨紗子は「まだやる!」と大泣きした。翌日、初江さんの英才教育が始まった。最後まで攻め切れないと、勝っても褒めない。「攻めなきゃレスリングじゃない。そう言われて育った」。梨紗子は母の言葉を忘れたことはない。

1 2





blue_tigerさん

気ままにまとめていきます。