1. まとめトップ

貯金は簡単にできる! 貯金ゼロから脱出する方法

貯金できないなら、できるように努力すればいいだけのこと!

更新日: 2016年08月18日

1 お気に入り 897 view
お気に入り追加

貯蓄ゼロの人が現在進行形で増えています。

世論調査によると、貯蓄ゼロ世帯は何と30.9%もあります。
貯蓄がゼロだと、突発で大きなお金が必要になったときに対応することができません。

貯蓄ゼロの人は一刻も早く脱出しましょう。

まず、自分が一カ月に使える金額を調べましょう。
税金や社会保険料など給与から天引きされるものを引いた手取り給与が、一カ月に使えるお金です。

次に、毎月どうしてもでていく金額を調べましょう。
家賃、水道光熱費、保険料、ローン返済、月会費などの支出で、これは「固定支出」と呼ばれるものです。
固定支出を把握してから、「収入-固定支出」を計算します。これが、1か月間であなたが自由に使えるお金です。

収入から先取りで 1万円を貯蓄する。

1か月に自由に使える金額内で生活しようと思ったらダメです。
ここから貯蓄分を先に天引きしておくことが大切です。
1万円からでもいいので貯蓄をしましょう。
定期預金にしたり、個人年金保険にするのも良いでしょう。

カード払いの金額は、その月に払う金額におさえる。

最後に注意をしておきたいのが、カード払いです。
過去にクレジットカードで買物をした分の支払いに追われ、手持ちのお金が減り、またカードで買い物をするという自転車操業状態の場合、カード払いでの買物金額をコントロールするしかありません。
カード払いの買物を、その月にカード会社に支払う金額以内にするのです。
例えば過去の買物分として5万円の支払いがあるのなら、今月のカードでの買い物は5万円を超えないようにしましょう。

どうしてもカード払いの自転車操業になってしまう場合、クレジットカードを破棄しましょう。
そうすれば、イヤでも手元にあるお金で生活せざるを得なくなります。

間違っても、キャッシングやカードローンは利用しないことです。

キャッシングやカードローンなどと言われると抵抗が少ないかもしれませんが、要は「借金」です。借金をすれば、利息をつけて返さなければなりません。
キャッシングの場合、利息は5~20%程度です。大手銀行の定期預金金利が0.01%ですから、利息はかなり大きな負担といえます。

また、リボ払いもかなり高い利息を払っていることに注意してください。

1





徒然なる根無し草さん

気になったことを のんびりと まとめていきます