モバマスが世に出て間もない頃、上条春菜は複数人投入された眼鏡アイドルの一人に過ぎなかった。

セリフの端々に眼鏡に対する強いこだわりを感じさせるものの、服装はやや野暮ったく、髪型はごく普通のセミロング、特別スタイルが良いわけでもない…垢抜けず地味な印象はいなめなかった。

ところがモバマスというコンテンツが成長するつれ、、彼女の眼鏡へのこだわりは大きく膨れ上がり、遂には尋常の域から外れることになる。

ついたあだ名は「メガキチ」、「眼鏡さん」など…

いつしか個性豊かなアイドル達の中でも特に異彩を放つようになり、その狂気にも似た妄執は、彼女を唯一無二の、異端の存在へと押し上げるに至った。

出典上条春菜とは (カミジョウハルナとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【上条春菜】(かみじょうはるな) 眼鏡アイドルのあだ名は「メガキチ」「眼鏡さん」

「あの、あの、プロデューサーさん。まずは外見のプロデュースということで教えて欲しいんですけど、アタシの眼鏡…どうですか? 正直に、本当の事、教えてください!」

このまとめを見る