酒井勝軍の生まれは明治六年ー。
山形県の士族の家に生まれた彼は仙台神学校に入学、クリスチャンとなる。
明治31年、アメリカに留学、帰国後は新進気鋭の牧師として、キリスト教界に頭角を現していくのだが、時を経るにしたがい通常のキリスト教の枠組みから大幅に外れていく。
それは大正3年の、ある夜の出来事にはじまる。
当時の彼は、東京の代官山に住んでいた。
毎夕、家族との散策を楽しむのを日課としていたのだが、

この年6月7日の夜のことー、
近所の風景は変わることなく、空には満月がこうこうと輝いていた。
ーいい月だなあ・・・。と空を見あげたときー、
・・・・・・・・。
とつぜん、空に雲が、かかった。
雲は満月の前に立ちはだかり奇怪にも十字を描いたのである。満月を背にして、十字架が描かれたのである。
「・・・・・・・・!」
一行は、唖然として立ちすくんだ。

出典日本ピラミッド伝説/酒井勝軍/日本にピラミッドがある!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ガチ】日本の神秘のピラミッドたち

日本のピラミッドは3000あると推測されています

このまとめを見る