1. まとめトップ
  2. おもしろ

猫も犬も人間超え!サイズ感がおかしい「巨大ペット」たちw

こんなにも大きいペットを飼うと、一体どんな暮らしになるのでしょうね。

更新日: 2016年09月15日

potekoroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
520 お気に入り 463994 view
お気に入り追加

◆思う存分モフモフできる!世界一デカイ猫「メインクーン」

一瞬コラかと思ってしまうほどの巨大なネコ!

メインクーンは、人の小学生ほどの大きさになることもある大型の猫種です。

猫マシンガンじゃなくて、猫バズーカやなw

メインクーンは世界一大きな猫です。猫の大きさのギネス記録はアメリカに住む「Mymains Stewart Gilligan」という名前のメインクーンで、2010年8月に計測されたときは、体長が123cm、体重が15.8kgもありました。

メインクーンはアメリカ原種の猫で、メイン州公認の州猫というのとラクーン(アライグマ)に似ていることからメインクーンと名付けられました。(諸説ある。)

別名「穏やかな巨人」!こんなことされてもカメラ目線だしwww

「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」との愛称を持ち、大きいけれどとても穏やかで、さらに賢くて遊び好き。

こんなに大きな体なのに特別太っているわけではありません、体長が普通の猫に比べ長いのと被毛の長さが相まってさらに大きく見えています。

メインクーンの洞毛は長く、2004年には17.4cmの洞毛を持つメインクーンが、2005年には19cmの触毛を持つメインクーンが最長の洞毛を持つ猫としてギネスに登録された。

毛はミディアムロングで密集しており、胸元にはライオンのたてがみに似たひだ襟のような長い毛がある。

メインクーンは、ぬいぐるみのようにもふもふできる大きな猫を飼いたい人におすすめですよ。

2年ぶりぐらいに実家行ったらメインクーンがいた。初対面だけど逃げたり隠れたりはしなかったのでモフってきた。

メインクーンが、猫界で「おだやかな巨人」と言われているそうなので、どのくらいでかいのかぐぐってみたら、なんだか幸せな気分になってきた pic.twitter.com/IAUHhc4ZQS

最大種 メインクーン ギネス一歩手前の NY在住サムソン 体長122㌢(ギネス123㌢) 体重12.7㌔㌘ ラグドールも大型種なんだけど うちの2倍以上… こんな子が家族なら… 抱き枕いらないね(^-^; pic.twitter.com/YylwyLqz80

◆虎をも倒す大型犬「チベタン・マスティフ」

巨大犬と呼ばれる犬はいろいろあるけれど、この「チベタン・マスティフ」は圧倒的な存在感がある!

チベタン・マスティフ (Tibetan Mastiff) は中国チベット高原を原産地とする超大型犬。その名が示すように俗にチベット犬とも呼ばれる希少種である。

元々はチベット高原の人々に牧羊犬として飼われていたチベタンマスティフ。今でも標高5,000メートルに近いチベットやネパール、ブータンで遊牧民たちに飼われています。

巨体で時に性格が荒く、首の周りの毛がライオンのたてがみのようなチベタン・マスティフは最近、中国の富裕層の間でステータス・シンボル(地位の象徴)として人気

チベタンマスティフはその希少さから高額な犬として有名です。最低でも130万円、最高落札額は2億円にも達したと言われています。

1 2 3





potekoroさん

シンプルでわかりやすく役に立つまとめ、ポジティブで読むと少し元気がでるようなまとめを目指しています。
なるべく更新していきますので、気になる記事はお気に入り登録していただけると嬉しいです。



  • 話題の動画をまとめよう