1. まとめトップ

ビーレジェンド -be LEGEND-

おいしくて、たんぱく質含有量は1食あたり20g以上。
泡立ちが少なく、溶けが抜群に良いホエイプロテイン。

栄養成分表示(1食28gあたり)

エネルギー:112.2kcal/たんぱく質:20.68g
脂質:1.25g/炭水化物:4.58g/ナトリウム:49.6g/
ビタミンB6:0.97mg/ビタミンC:42.9mg

be LEGEND -ビーレジェンド- は、社団法人日本食品分析センターの分析により、放射性ヨウ素、放射性セシウムともに「検出せず」との結果が出ましたので、安心してお摂りいただけます。

特徴

価格は、ホエイプロテインの国内最安値を狙った、たっぷり1kgあたり税込2,600円~
たんぱく質1gあたりの価格は、ホエイプロテインでは破格の約3.5円(ナチュラル)
3kgや5kg、10kgなどというまとめ買いをしなくても1kg 2,600円から買える
たんぱく質原料として、吸収の良い「ホエイプロテイン」を100%使用
100%ホエイ使用なので吸収も良く、
トレーニング後のゴールデンタイムに飲むプロテインとしておすすめ
添加物に頼らず、抜群の溶けやすさを実現
トレーニングをされる方が気にする脂質は約1.2gです(ナチュラル)
カロリーが気になる方にも安心の1食あたり約108.6kcal(ナチュラル)
たんぱく質の吸収に役立つビタミンCとビタミンB6を配合
1食あたりレモン2個分相当のビタミンCを配合(日本食品標準成分表より)

1食あたり鶏の胸肉約180g相当のビタミンB6を配合(日本食品標準成分表より)
アミノ酸スコア100のホエイプロテインを使用
従来のホエイプロテイン独特の風味は薄く、口当たりの良い、味と飲みやすさを実現
携帯に便利なお試しパックが登場。お手軽に飲みやすさ・溶けやすさを試すことができます。

利用者の声

後発ブランドは、先行品を十分に研究したうえで、それらを越える
何かを持っていなければならない。
その点、この商品は、プロテインの含有量、溶けやすさ、そして価格
の点で、DNS、SAVAS、Kentai等のメジャー品位十分比肩しうる
商品に仕上がっています。
メジャー品を良く研究されています。
良いところは、良く溶けるし、味が美味しい点。
これは知人も全く同意見でした。
興味のある方は、本商品のサイトを是非見ていただきたいと思います。
起業して?商品開発にあたってのポリシー等が記されていて、なるほど
なと納得できます。

10数年前に学生時代、スポーツ用品店で買った、プロテインが不味すぎて、プロテイン=不味いというイメージしか無く、探すことすらしなくなってましたが、最近この商品を見つけ買ってみることにしました。
自分は、最初牛乳で割って飲んだら普通に美味しいと感じました。激うま!かと聞かれるとちょっと考えてしまいますが、普通にデザート感覚で飲めるレベルだと思います。 その後、牛乳にバナナも入れてシェイカーで混ぜて飲んでますが、バナナを入れた方が美味しい美味しいと思います。
味は、人それぞれ好みがあるので、絶対これが良い!とは言えませんが、冷蔵庫で冷やしてから飲むと味が引き締まって更に美味しくなると思います。自分は、冷したプロテインの中に更に氷を入れて飲んでいます。

夏に向けて筋トレを始めようと思い立ち、
他の方のレビューやネットのサイトの
評価をもとに購入致しました!
いつも牛乳や豆乳で割って飲んでいますが、
期待していたとおり味は凄くおいしいです!
コンビニなどに売ってるチョコ系ココア系のドリンクなんかより遥かにうまいので驚きました!
値段も手頃でこれなら続けていけそうです!
いい商品に出会えたなぁと思います!

ザバス ホエイプロテイン100 【50食分】 1,050g

主要栄養成分1食分(21g)当たり

エネルギー83kcal/ナイアシン6.3mg
/たんぱく質15.0g/ビタミンB60.64mg
/脂質1.3g/葉酸84~220μg
/炭水化物2.7g/ビタミンB120.8~3.1μg
/ナトリウム100mg/パントテン酸0.62mg
/ビタミンB10.87mg/ビタミンC88mg
/ビタミンB20.93mg

特徴

ザバスホエイプロテイン100 ココア味」は、ホエイプロテインを100%使用したザバスのプロテインです。たんぱく原料として、吸収の良い「ホエイプロテイン」を100%使用しています。トレーニング直後などのプロテイン摂取ポイントに合わせてたんぱく質を補給できるので、理想的なカラダづくりをサポートします。・カラダづくりに欠かせない「7種類のビタミンB群」、体調維持に欠かせない「ビタミンC」を配合しています。・「ザバスホエイプロテイン100」は1日2回(約42g)を目安にお召し上がりいただくことで、アスリートが1日に必要とする7種類のビタミンB群、Cの不足分を補えるよう設計されています。

理想とする筋肉のために!
理想的なカラダづくりに取り組む方のために、たんぱく原料として利用効率が高いホエイプロテインのみを採用しました。
また、筋肉を作りたい方に欠かせない7種のビタミンB群、さらに体調維持に欠かせないビタミンCを含んでいます。
味は定番のバニラ味とココア味。1日2回(約42g)を目安にお飲みいただくことで、アスリートが1日に必要とする7種のビタミンB群、Cの不足分を補えるよう設計されています。
(ザバスが実施したアスリートの食事調査からの算出結果より)

プロテイン=たんぱく質
一般的にはたんぱく質を摂取できるスポーツサプリメントをプロテインと呼んでいます。たんぱく質は、筋肉や骨、血液の材料になるなどカラダを構成している大切な栄養素の一つ。
たんぱく質は通常の生活で毎日の新陳代謝により消耗され、特にスポーツ選手は体を動かす分、通常より多くのたんぱく質が必要となります。
そこでたんぱく質を効率よく手軽に補給するために作られたサプリメントがプロテイン。
プロテインは、カラダづくりの目的だけでなく、運動後のカラダのケアやリカバリーもサポートしてくれます。
プロテインは、筋肉などの材料になるだけでなく、血液の材料にもなります。血液中に含まれる酸素運搬に関わるヘモグロビンは、有酸素運動に不可欠。
鉄分とともに、その材料となるのがたんぱく質です。

利用者の声

このシリーズはコンセントレートなので、アイソレートに比べればタンパク質の含有率は当然劣ります。ですが、それでも71.8%の含有率はWPC製品(マックスロード68%、ザバスアクア66%、チャンピオン65%など)の中では比較的高めの部類です。また、日常の食事で摂りづらいビタミンB群が強めに補強されているので、体脂肪燃焼を助ける効果も期待できます。
比較的甘味が強いようなので、甘ったるいプロテインが苦手な人には向かないかもですね。
このココアは同シリーズのバニラより若干溶けやすい印象です。

以前購入していたプロテインより、価格も安く粉っぽさが少ないため飲みやすいです。定期購入にすればさらに価格が安いので助かってます。部活で筋トレの後に飲むために購入しましたが、肉体労働の主人も朝晩飲む様になりました。なので、一か月に一袋では足りなくなってしまいました(;'∀`)

仕事で重い物を扱う部署になり、腕や背中、脚など全身筋肉痛だという弟に買ってあげました。
一袋飲み終わる頃にはかなり筋肉もしっかりしてきたようです。特に背中や腹筋はしっかりしてきて、働きながら自然に体が出来てきたと喜んでました。

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

筋肉をキープしたまま、減量する!
脂肪を削ぎ落としたカラダづくりのために、大豆プロテイン+ガルシニアエキスを配合。
たんぱく原料として引き締まったカラダをつくる大豆プロテインを100%使用し、余分なエネルギーをためず、減量をサポートするガルシニアエキスをバランスよく配合しています。
減量時に不足しやすく、カラダづくりに欠かせない11種のビタミンと、汗で失われがちなカルシウム・鉄・マグネシウムを豊富に含んでいます。
ヨーグルト味で飲みやすいプロテインです。

主要栄養成分1食分(21g)当たり

エネルギー79kcal/ビタミンE1.5mg
/たんぱく質16.8g/ビタミンB10.87mg
/脂質0.9g/ビタミンB20.93mg
/炭水化物0.9g/ナイアシン5.8mg
/ナトリウム93~220mg/ビタミンB60.64mg
/カルシウム192mg/葉酸96μg
/鉄4.8mg/ビタミンB120.2μg
/マグネシウム96mg/パントテン酸0.62mg
/ビタミンA157μg/ビタミンC88mg
/ビタミンD2.2μg

特徴

減量のためには大豆プロテイン
プロテインには「大豆プロテイン」「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」といくつか種類があります。その中でも、減量時に摂りたいプロテインが「大豆プロテイン」です。
大豆プロテインは栄養価が高く、カラダに必要な20種類のアミノ酸のうち、体内でつくることのできない9種類の必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。
また、血中コレステロール値や中性脂肪の低下に関係しており、基礎代謝の活性化と燃焼のサポートが期待できます。
カラダを動かしてムダな脂肪を削ぎ落とし、筋肉をキープした引き締まったボディをつくりあげる。そんな減量と深い関係があるのが大豆プロテインです。
内側から働きかけ、運動と合わせて摂取することで、筋肉を維持・向上をはかりながら目指すカラダづくりをサポートします。

スポーツするほどカラダはたんぱく質を求めている。
たんぱく質を摂る量は、運動量と体重で変わってきます。一般人なら1日に体重1kg当たり1gのたんぱく質を摂れば十分。
ところがたくさん運動をしているスポーツ選手は、体重1kg当たり2g以上ものたんぱく質が必要です。
筋肉は水分を除くと約80%はたんぱく質で出来ているため、筋肉をつけるためには十分なたんぱく質を摂ることが重要です。
さらにトレーニングによってダメージを受けたカラダのリカバリーにもたんぱく質はかかせません。
運動負荷時の糖質とプロテイン(たんぱく質)摂取の筋疲労関係をみると、プロテインを摂取していると運動後の筋肉疲労が少ないことが分かりました。
また、運動パフォーマンス関係についても、プロテインを摂取している選手は運動持続時間に有効な結果が出ました。

1 2 3





redbull39さん

このまとめに参加する