1. まとめトップ

リオオリンピックの選手村で○○用に大流行!話題急騰のアプリ”Tinder(ティンダー)”って何?

リオ五輪の選手村で大流行中のスマートフォンアプリ”Tinder”についての記事です。

更新日: 2016年08月19日

1155334さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 10832 view
お気に入り追加

Tinderって?

Tinderは、位置情報を使った出会い系サービスです。自分の半径数キロ以内でTinderに登録している異性の顔写真が表示されていきます。表示された異性の写真を左右にスワイプするか、ボタンを押すだけで「好みかどうか」を分類することができます。そして、お互の好みがマッチすると通知で知らされ、メッセージのやり取りができるようになるのです。

ご近所という妙なワクワク感が”中毒性”をもたらす!

リオ五輪の選手村で流行ったわけ・・・

”肉食”アスリートたちが出会いの場を探すため!!

コンドーム大量散布の影に出合い系アプリ

オリンピック選手村、そこは世界中のセクシー・アスリートたちが勢揃いし、数週間にわたって寝起きを共にする空間。そんな状況下に置かれたアスリートたちに「おイタをするな!」と言うのは不毛というもの。

88年のソウル・オリンピック開催時に選手村施設の屋根の上から使用済みのコンドームが大量に見つかったことから、今でも屋外セックスについては禁止されているものの、オリンピック委員会は選手たちに禁欲を強いるような野暮なことはいたしせん。

それを証拠に、今大会では選手たちに45万個のコンドーム(選手一人につき42個)が用意されたことが大きな話題に。「ばら撒き過ぎでは?」という庶民の余計な心配をよそに、選手村でのラブライフいつにも増してお盛んになっているようなのです。

路上での強盗や、以前より懸念されていたジカ熱などの不安事項があったため選手らが出不精に・・・。
それら問題を解決するのに最適の出会い系アプリ「Tinder(ティンダー)」の存在がありました。

本大会出場中の美男美女アスリートがこぞって活用中!

各国のなかでも美人揃いで知られるスウェーデン女子サッカーチームのアマンダ・イレスタッド(23歳)やスティーナ・ブラックステニウス(20歳)などもこのアプリを活用して出会いを求めている。

関係者によれば「実際に“セックス”をメダル獲得の精力剤と考えるアスリートは多い」だそう

本来は選手村の周囲まで行くか、10ドルの追加料金を払うかしなければ見ることができないオリンピック・アスリートたちの「Tinder」のプロフィール写真ですが、それらをまとめたインスタグラム・アカウント「SportsSwipe」まで立ち上がるほど話題となっています。

”Tinder(ティンダー)”を利用しているリオ五輪出場アスリート達の一覧

おまけ 使い方

一般の”出会える”アプリということを忘れずに!

アプリの入手先

1





1155334さん

日々徒然ナルマゝニ

このまとめに参加する