1. まとめトップ

密かに消えていく名車たち。3台に1台以上が消滅! 今、買うべきバイク 2017

今、買っておくべきバイク 2017年 消えていく名車たち。XJR、SR400、DS、ZXR、CBR、W600、W800と、次々に生産中止になっていく往年の名車たち。

更新日: 2017年09月18日

11 お気に入り 234432 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3moonsさん

国内で販売しているバイクの生産終了が相次いでいる。日刊工業新聞社の調べでは、国内の2輪メーカー4社183モデルのうち3分の1以上の67モデルが9月までに生産を終了した。

2016年、ユーロ6に対応するために、名車たちが次々と生産中止になっています。

EURO 6とは何ですか? EURO 6は、自動車による大気汚染物質の排出規制値を定めたヨーロッパ連合(EU)の規定です。

EURO 6は、自動車による大気汚染物質の排出規制値を定めたヨーロッパ連合(EU)の規定です。この排ガス規制に適合しないバイクは作ってはいけなくなります。

2008年には、4気筒の名車たちが消えて行きました。

2008年9月に自動車排出ガス規制が強化されることが決定したことから、750ccモデル・1100ccモデルとも2007年をもって一足速く販売終了となり、Z-1・Z-2の初期型モデルを髣髴させるグラフィック・パターンの「ファイナルエディション」が発売された。
400ccモデルのゼファーχについては、規制強化後の2008年9月に生産終了が公表され、上位モデルと同様のファイナルカラー仕様が2009年3月に発売された。

1998年排出ガス規制値で2ストロークのバイクが消えて行きました。

1990年代後半、日本国内において関心が高まっていた排ガス規制問題(特に都市部における)に対しホンダは、「今後の市販車は50ccのスクーターからスポーツモデルまで、2ストロークエンジンでは自動車排出ガス規制の新基準に適合しないため、一部の競技専用車を除き、全てクリーンな4ストロークエンジン、PGM-FIを採用していく」という方針を固め、NSR250Rも日本国内では1999年を最後に販売が終了した。なお、最終的にSEグレードのみが販売され、輸出車は存在せず日本国内モデルとして1980年代、1990年代初期に旋風を巻き起こしたNSR250Rの歴史に幕を降ろすこととなる。
2016年現在、2ストロークのレーサーレプリカは新車のラインナップとして存在しないため、状態の良い中古車が新車時の価格を上回る高い値段で取引されることもある。

製造中止になるバイク達

2017年 ヤマハの名車が消えていきます。SR、ドラッグスター、XJR、セロー

生産終了モデル

お客様からのご注文が生産予定台数に達しましたので、受注を終了させて頂きます。

低く長いローダウンフォルム。 ゆったりと、しかし軽快な走りが主張する、確かな存在感。 DragStarシリーズの原点。それがDragStar400。

いつのまにか、SR400が生産中止になっている。。。悲しい。

在庫に関しましては販売店にお問い合わせください。
なお、SR400は後継モデルの開発に取組んでおります。(発売時期は未定)

ヤマハ発動機のホームページには、後継モデルの開発に取り組んでいると明記。。。しかし、発売時期は未定。

30年を超えるロングセラーモデル、SR400もついに生産終了。

30年を超えるロングセラーモデル、SR400もついに生産終了。

1 2 3 4 5