1. まとめトップ

【京都】京都御所西エリア観光モデルコース【通年一般公開】

通年公開になった京都御所を含む御所西の観光モデルコースです。御所西周辺は食事処が少ないので丸太町で食事されるのがおすすめです。

更新日: 2017年06月19日

0 お気に入り 2671 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mamehinaさん

<アクセス>
地下鉄烏丸線 丸太町から徒歩5分
市バス 烏丸丸太町から徒歩5分

12:00 りょうりやステファンパンテルでランチ

フランス人のステファン氏が京都の食材を使って新しいフレンチ料理を生み出します。

スペシャリテの「フォアグラのコンフィの奈良漬け巻き」は一度は食べてほしい一品。

とてもオシャレな店内。
自然光の当たるランチは特におすすめです。

人気店なので予約は必須です。

14:00 京都御苑を散歩しながら御所へ♪

季節によって梅・桃・桜・新緑・紅葉が楽しめます。

14:30 京都御所

14世紀から明治2年(1869年)までの間の「内裏(禁裏)」、すなわち歴代天皇が居住し儀式・公務を執り行った場所である。

京都御苑の北西寄り、築地塀で囲まれた面積約11万平方メートルの区域が京都御所である。


御所の敷地は東西約250メートル、南北約450メートルの南北に長い長方形で、そこにはかつての内裏に属していた多くの建物と庭園が残っています。

玄関を入ったものが待機する部屋。
格の高い順に「虎の間」、「鶴の間」、「桜の間」と呼ばれる三室が東から並んでいます。

御所敷地の南寄りに南面して建つ、かつての内裏の正殿。
天皇の即位、元服、立太子、節会など、最重要の公的儀式が執り行われた建物である。

南庭には東に桜、西に橘が植えられており、それぞれの近くに左近衛と右近衛が配陣したため、左近の桜、右近の橘と称される。

池を中心とした回遊式庭園。
心が癒される素敵な庭園です。

現在でも国賓来日の際などには「蹴鞠」が行われます。

15:30 虎屋菓寮 一条店にて休憩

御所から近い出口を出るとお店まで分かりやすいかと思います。

建築家、内藤廣氏デザインのシックで落ち着きのある素敵な店内。

やっぱりテラス席がおすすめです。
とても気持ちの良い時間を過ごせます。

どのメニューを頼んでもハズレなしです。

おみやげ① とらや一条店の「雲居のみち」

せっかくなので、虎屋菓寮から歩いてすぐのとらや一条店にも足を運んでみましょう。

京都限定のお菓子。
「雲居」は、雲のように高いということで「御所」を指すもので
御所車が都大路を行き交う様子を表現した、何とも趣のある和菓子です。

おみやげ② 本田味噌本店のお味噌

天皇家御用達だったという歴史ある味噌店。

こちらもまたどのお味噌もハズレなく美味しい。

小パックになったお味噌だと持ち帰りも便利。

おみやげ③ 澤井醤油本店

明治12年創業の京都のプロも使うお醤油屋さん。

ミニサイズのお醤油は400円からとリーズナブル。

醤油ラスクやイタリアンもろみなど新しいお土産も登場しています。

京都御所で京都の歴史を感じ、時の流れをゆったり感じられるレストランやカフェを選んでみました。周辺にある天皇御用達の食材店もお土産におすすめです。

1