1. まとめトップ

南西諸島向けはやっぱ12式地対艦誘導弾の改良か。 防衛省概算要求、過去最大5.1兆円 ミサイル対処強化:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASJ8M…

「過去最大5兆1685億円、要求」→防衛省"焼け太り"狙い。19日発行日刊ゲンダイ。「防衛省は2017年度の予算の概算要求で過去最大の5兆1685億円(16年度当初予算比2・3%増)を計上する方針。北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返している事を理由に新たな海上迎撃ミサイルの取得費用

「軍事肥満大国!!なんぼ金使こても原発事故は防げぬ!!原発ゼロが最大の防衛なり!!軍国主義者安倍晋三のオモチヤはいらぬ!!」 防衛省、概算要求5・1兆円…ミサイル防衛強化 smar.ws/gU3YT #スマートニュース

防衛省は19日、2017年度予算の概算要求で、過去最高額となる5兆1685億円(今年度当初予算比2・3%増)を計上する方針を固めた。 増額要求は5年連続となる。北朝鮮のミサイル開発進展を踏まえ、ミサイル防衛システムの強化に重点を置いたのが特徴だ。 概算要求には、日米両政府が共同開発している次世代型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の購入費147億円を初めて盛り込む。SM3ブロック2Aはイージス艦に搭載するミサイルの改良型で、 [全文を読む]

本政府は2017年度にむけ史上最大の国防(防衛)予算を要求していく方針。2017年度の国防予算は2.3%増の5兆1000億円が計上される。日本のマスコミ各社が報じた。

ミサイル防衛を強化するとして1050億円がパトリオット(PAC-3)ミサイル取得費に充てられている。

このほか新たな国防予算では米国の最新の海上配備型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の取得費が初めて計上された。このミサイルは最高高度が1000キロ。早期警報を持つイージス艦への搭載用ではないかとされている。

日経新聞の報道ではミサイル実験は今年秋にもハワイ諸島近海で行われ、来年2017年からは生産が開始。

産経新聞によれば日本が開発を望んでいる潜水艦は300キロの射程距離を持つミサイルを搭載するもの。この潜水艦は領土論争における日本の立場を強化することを目的に2023年までに尖閣諸島付近に配備される。

日本の2018年までの国防強化中期計画で見込まれている毎年の軍事(防衛)費の伸びは、今回の概算要求よりはるかに低い0.8%となっている。

1 2





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する