1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

それは競技中に起きた…リオ五輪の「なんだかほっこりする出来事」

熱い戦いが連日繰り広げられているリオデジャネイロオリンピック。しかし、なかにはこんなほっこりする出来事もあったんですね。

更新日: 2016年08月20日

132 お気に入り 606513 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tosemoveさん

▽14日に行われた女子マラソンに出場した双子の選手、アンナ・ハーナーとリーザ・ハーナー

女子マラソンに出場したドイツ代表の双子の選手、アンナ・ハーナーとリーザ・ハーナー。

ドイツの女子マラソン選手として出場したアンナ・ハーナー選手とリーザ・ハーナー選手は双子の美人姉妹として注目されていた。

双子のハーナー姉妹はお互いの手を取り合ったままゴール。結果はそれぞれ81位、82位だった。

2人は残念ながらメダルからは遠い順位だったが、2人で一緒に手を取り合ってゴールすることに。

姉のアンナ選手は81位で終え、妹のリサ選手は1秒遅れの82位だった。

一緒にスタートして、一緒にゴールした双子の姉妹。競技としての結果は振るわなかったけど満足そう。

アンナ選手は「一緒にスタートして、五輪でレースできるなんて素晴らしい」と笑顔いっぱい。

リサ選手は「夢が現実となった」と喜び、仲良く記念撮影に応じていた。

そして「勝利よりもメダルよりも大切なことがありました」とコメントを残した。

どうでもいいけどこの双子マラソン選手めっちゃかわいくない?可愛すぎて「いいじゃん手つなぎ」って言ってしまいそうになるレベルで。

▽レスリングで2009年から導入されたルール「チャレンジ」

レスリングでは2009年から導入されたチャレンジ。判定に異議がある場合、1試合につき1回だけ審判団にビデオ判定を要求できる。

誤審防止のための「映像再審制度」は選手にとってもファンにとっても分かりやすい。

セコンドが1試合に1回だけ審判団に要求でき、認められた場合は得点が修正、認められない場合は対戦相手に1ポイント入るルールになっています。

前回のロンドン五輪まではスポンジを投げ込んでいたチャレンジ。リオ五輪ではマスコットキャラクターのぬいぐるみを投げ込むルールになった。

12年ロンドン五輪までは柔らかいスポンジをリングに投げ込むことで権利行使できたが、今回のリオ五輪では大会マスコットキャラクター「ヴィニシウス」のぬいぐるみを投げ込む

「ヴィニシウス」はネコとサル、鳥をミックスしたイメージの黄色い動物で、見た目はネコなのだが、サルのような跳躍力をもつという。

ぬいぐるみを投げ込んでチャレンジ!選手、セコンド共に大マジメなんだけど、そんな中、投げ込まれるぬいぐるみが可愛い。

青コーナーの人形は青いシャツ、赤コーナーのは赤いシャツを着用。真剣に戦う選手のそばに、にかっと笑ったヴィニシウスくんが、ぽすっと放り込まれます。

「五輪公式キャラにしてはかわいい」と評判も上々だが、まさか屈強な男女に投げられ、囲まれる運命だとは思っていなかっただろう。

レスリングのチャレンジでぬいぐるみ投げられるの可愛い

レスリングチャレンジのためにぬいぐるみ投げるの毎回草なんだけどwwww しかもぬいぐるみ可愛すぎるwwww 一通りチャレンジ終わったあとぬいぐるみみんなパスし合って元の人まで戻すのも面白い

▽女子ゴルフには珍客が登場し話題になった

リオデジャネイロオリンピック、ゴルフ女子の第1ラウンド

1 2