1. まとめトップ
  2. 雑学

何を着るか迷ってしまう…服選びにストレスを感じる人は多いみたい

洋服選びやコーディネート、楽しめていますか?「ウキウキする」なんて女性も多いかも知れませんが、毎日毎日着て行く服を選ぶのって大変なことですよね。意外にもそれがストレスになっている人が多いようなのでまとめてみました。

更新日: 2016年08月24日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
52 お気に入り 39538 view
お気に入り追加

▼毎日の洋服選びやコーディネート、楽しんでいますか?

洋服選びやコーデ、楽しめていますか?
「ウキウキする」「何を着ようかなと考えている時間が好き」なんて女性も多いかも知れません。

毎日毎日、着るものを考えるって大変。
いっそ制服があればラクなのに…。

日本人には、服を持っているのに着る服がないという問題を抱えた人が多い。「着る服がない症候群」なんて言葉も存在するくらい。

朝時間がないのに、どうしても服が決まらない。昨日考えていたコーディネートが、いざ着てみるとイメージと違っていた。

▼それ、実は危険信号かも。服選びがストレスになっていませんか?

服を決めるのに迷ってしまいストレスになっている…そんな人も意外と多いようです。

「今日は寒いかな?それとも暖かいかな?う~ん、何着よう……」と毎日服選びすることが、意外とストレスになってしまいませんか?

会社に着ていく服を毎日悩むけれど、行って仕事をして帰ってくるだけの日にどうしてオシャレをしなきゃいけないのか

人は“決断する”とき、大きなストレスを感じることがあります。

▼…毎日困るよね、ホントに(´;ω;`)

▼そもそもファッションの役割って何だろう??

この色がいい、この形がいい。安かったから。
色々な理由で私たちは服を購入しますが、それだけじゃなく、気分を変えてみたい、自分はこう見られたい…そんな心理が働いているのかも知れません。

ファッションは「自分が好きであればいい」とよく言われるもののオフィスなどではT.P.O.に合わせた格好が要されますし、特にデートや女子会などでは好きな人や他の女性達がどう思うか気になります

「こういう風に自分を見せたい」「キャラ立てしたい」という心を反映しています。このいわばセルフブランディングのようなことを、心理学では「自己呈示」と言います。洋服を購入する際、毎日の服選びの際に、こだわりが出てくるのはこの自己呈示によるもの

▼実は、ファッションは一つのコミュニケーションでもある。

「それいいね、どこで買ったの?」
などファッションが話題になることも多いもの。

“あなたらしさ、あなたの個性”をファッションで表現することで、周りから人となりが評価されるということ。何を着ようか、コーディネートする時どんな自分を表現したいか考える一手間で、第一印象を左右し、ともするとコントロールすらできる

▼でも、こうしなくちゃ!よく見せなくちゃ!ばかりは苦しくなる。

どうしても人目が気になってしまうものだけど…

「オシャレをしなければならない」そんな意識に苛まれていると、
オシャレが“楽しみ”から“義務”になってしまうもの

ついつい周りに流されたり、他人と自分を比べてしまったり、自分と違う価値観を持つ人と一線を画してしまったりする人は少なくない

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう