1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

web-playerさん

コンテンツマーケティングは、コンテンツの力で「気付き」を与えるマーケティング手法

日々、コンテンツが増え続けるWebに求められているのは、商品やサービスの購入を検討しているユーザーに、「なるほど!そうやって選べばよいのか!」という気付きをあたえ、比較・選択行動のアシストをするコンテンツです。

「選択のパラドックス」からの脱却

「選択のパラドックス」という言葉はね。
人は選択肢を多く見せられるほどトクした気分になるが、それと同時に、選択を困難に感じ、結果的に満足度が低くなるという現象を指す言葉なの。

この「選択のパラドックス」は、コロンビア大学ビジネススクールの教授「シーナ・アイエンガー(Sheena Iyengar)」教授が自身の書籍「選択の科学」で説いた言葉よ。

アイエンガー教授はある実験を行った。
それは、6種類のジャムを並べたテーブルと、24種類のジャムを並べたテーブルのふたつを用意し、それぞれのテーブルでジャムの試食と販売をおこなうとどうなるか?というもの。

6種類のジャムを並べたテーブルと、24種類のジャムを並べたテーブル

どちらのテーブルも、試食をした人の人数は変わらなかった。
むしろ、24種類のジャムのテーブルのほうが、試食をしていた人たちは楽しそうに見えた。

けれど、最終的にジャムを購入した人の割合を見ると、6種類のジャムを並べたテーブルでは30%の人がジャムを購入し、24種類のジャムを並べたテーブルでは3%の人しかジャムを購入しなかったの。
なんと10倍もの差が生まれたのよ。

ユーザーの比較行動をラクにするコンテンツ事例

1