五輪での日本勢のメダルは、1920年アントワープ大会で熊谷一弥が男子シングルスで銀を、熊谷が柏尾誠一郎と組んだ同ダブルスで銀メダルを獲得して以来、96年ぶりとなった。

出典錦織が「銅」 テニス日本勢96年ぶりメダル  :日本経済新聞

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歴史が変わった!リオ五輪記憶に残る日本のメダルラッシュ!

記録ずくめのリオオリンピック!数十年振りや史上初の快挙が多く生まれました。あの感動の瞬間をもう一度!

このまとめを見る