1. まとめトップ
  2. おもしろ

こんなん落書きじゃんw「現代アート」の値段当てゲーム

この難解さも含めて現代アート!

更新日: 2016年10月06日

アクチ眼さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
61 お気に入り 83031 view
お気に入り追加

0円の「じゃがいも」との差がわからない…

So @ajs interviewed the photographer who sold this picture of a potato for 1m Euro businessinsider.com/kevin-abosch-c… pic.twitter.com/EQB19aLdw1

このじゃがいもの写真、いったい幾らなのか…

【値段の理由は・・・】
アイルランド出身の芸術家で、ジョニー・デップやスティーブン・スピルバーグ監督などの顔を撮影した肖像写真で知られている

見る人が見ればわかる、写真の価値

自分でも画家になれる気がした…

【値段の理由は・・・】
サイ トゥオンブリーは《描画された詩》とでも形容すべき独特の絵画作品は他の追随を許さないと評価されてる

陸軍の暗号解読者から転身したからこそ描ける作品で価値があるんだとか

これぞ現代の錬金術。

【値段の理由は・・・】
ぱっと見ると、ねじって犬の形にしたバルーンのように見えるが、実は明るい赤の風船は金属製で、高さ3m以上もある彫刻

ウォーホルのスープ缶より更に俗悪なものをアート界に持ち込んだことに価値があるんだとか

これくらい…と思ったら大間違え

ペイントでちょちょっと思ったら、、

【そのお値段】
今年5月、バスキアの無題の絵画が約63億円で落札され、バスキア作品としての最高値となった

前沢会長が千葉市内に建設を予定している美術館に所蔵する目的で購入したという

【値段の理由は・・・】
地下鉄の壁にスプレーで描いていたような人が、ウォーホルに注目されて認められ、あっという間に世界中から注目される人になった

前澤氏曰く、購入した絵画はその象徴なんだとか

さらに、こちらの作品なんかだと・・・

ダミアン・ハーストの作品「The Golden Calf」

マーク・ロスコの『ホワイトセンター(イエロー, ピンク and ラベンダー on ローズ)』

わからない…

こちらは、大量生産されている便器に、芸術家・デュシャンがサインを施しただけの作品

1 2





アクチ眼さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう