1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

死ぬ気だった…お笑い芸人の壮絶な解散危機

コンビやトリオの芸人さんは、四六時中一緒にいるので、時には激しい解散危機になることもあるようです。

更新日: 2016年08月24日

DODORIAさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
52 お気に入り 208188 view
お気に入り追加

売れない状況に「自殺」も考えた

売れない状況に、伊達さんの親御さんに対して”死んでお詫びをするしかない”と富澤さんは自殺を考えていた

え、どういうこと!?

自殺まで考えるのは…と思ったら訳があったみたいです。

高校卒業後、福祉関係の会社に就職した伊達を富澤が口説き落とし、24歳でコンビを結成して上京

富澤は「伊達に対してもですし、伊達の親御さんに対して申し訳ない、と。会社を辞めさせて『東京行こうぜ』って言って」と告白

富澤さんの解散話に『解散するまでの挑戦をしてないだろ』と言って反対

30歳になる2005年、「エンタの神様」にも出演し、初めて地上波でネタを披露することができた。

番組の不運で解散危機に

ブレイク直後に放送していた、バラエティ番組の「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」の収録中に事故が発生

ウッチャンと共演者が怪我、搬送された病院で共演者は亡くなってしまった。

相方の南原さんに「芸能界辞めよう。」と言ったが、遺族に「あれは事故なんです。どうか辞めないで下さい!」と言われ活動復帰した

さまぁ~ずから「ウッチャンナンチャンって解散しているんですよね」とイジられ、「南原とは今年会っていないけど年末会う」と内村が答えた

コンビなのに、年に数回しか会ってないんですね^^;

変な憧れが解散危機に追い込む

村上が抱いていた「コンビは仲が悪い雰囲気を出したほうがカッコイイ」とのイメージに添わせるため、あえて空気を悪くする“ごっこ”をしていた

あえて空気を悪くしていた「ごっこ」が「本気」に変わっていった。

村上が亘にきつくあたる事が多くなり、亘は1人で海を見に行くくらい落ち込んでいった

「お前は俺の幸せな家来だと思え」の発言に亘がブチキレ、村上をノド輪で押さえつけた

これがきっかけで目が覚めた村上は、亘への態度を改善した。

鉄板ネタが原因で解散危機になった

鉄板になっていた喧嘩ネタをしたことで、本気の殴り合いに。

番組内でケンカのノリに持ち込むために怒らせようとした庄司が、品川に向かって「おもしろくない」と発言

当時面白くないぞと言われるのが嫌いだったので、庄司さんを投げ飛ばした後に粉を顔面に押しつけながら「ホントに殺すぞ」と言った

2人で話をした時に「『言いたいことがあるならはっきり言え』って話伝えたら、そのタイミングで『俺、実はミキティー(藤本美貴)と結婚する』って言われた

この発言で『おめでとう』となり笑ったことで、仲直りをした。

1





DODORIAさん

なんとなく始めてみました。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう