1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

人類はどこまで宇宙に近づける?!超々高層ビルにワクワクが止まらない

中東ではハイパービルディング構想が続々!そんな中、国内に目を向けると・・・

更新日: 2017年03月19日

Tenteke_taroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
26 お気に入り 67938 view
お気に入り追加

▼現在の世界最高のビルは「ブルジュ・ハリファ」

地球上で最も高い人口建造物はご存知「ブルジュ・ハリファ」

1階から39階まではアルマーニ・ホテルが入っています。その上には、オフィスや住居、レストランなどがあり、124階に屋外展望台「At the Top」があります。148階にも「AT THE TOP SKY」という展望台があり、アラブ王室ご用達のデーツ(ナツメヤシの果実)のサービスなどを受けることができます。屋内展望台は156階から159階にあります。

▼ブルジュ・ハリファ超えの「ジッダ・タワー(旧称キングダムタワー)」が建設中

キングダムタワーの高さは1000メートルを超え、欧州で最も高いビル、ザ・シャード(The Shard)の約3倍になる予定。現在、世界一の超高層ビルであるアラブ首長国連邦(UAE)ドバイ(Dubai)のブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa、828メートル)をもしのぐ。

キングダムタワーの地上建設工事が、2014年4月27日にサウジアラビアのジッダで始まり、クレーンが設置され、地上組立工事が開始されて、2015年12月中旬に110mまで到達した。

▼他にも中東ではハイパービルディング構想が続々・・・

クウェートでは副都心としてMadinat al-Hareer(マディナ・アル=ハリール)地区を造成しているが、この中心部に建設される予定なのがブルジュ・ムバラク・アル=カビールである。高さは1001m。

アラブ首長国連邦のドバイに建設される予定の超々高層ビル

地上228階建、尖塔高1,400m・屋上1,250m・軒高850mとなる予定であるが、最終的な高さは秘匿されている。

既に基礎工事に着工したが、2009年のドバイ・ショックによって建設計画が凍結されている。

アラブ首長国連邦 ドバイに建設が構想されている超高層ビルである。

バーティカル・シティ(垂直都市)の別名を持つドバイのプロジェクトで、6棟のビルが1つの構造体を形成するデザインになっており、完成の暁にはフロア数は400、高さ2400mという前代未聞の建築物になる予定。

現状は構想中であり、実現できるかはまだわからない

▼日本では国内最高層ビルが2027年大手町に誕生!?

三菱地所は東京駅日本橋口前に高さ日本一となる390mの超高層ビルなど4棟を建設します。 2017年4月に着工し、2027年9月に全体が完成する予定

「B棟」は高さ390m。日本一の超高層ビルになる見込みです。オフィスを主体に高層部にはホテルや展望施設も設けられます。2023年度に着工し、2027年度に完成する予定です。

ホテル、カジノ、展望台といった観光関連施設も想定するが、現時点では、オフィス、店舗、駐車場を設置する以外の中身は白紙としている。

1 2





Tenteke_taroさん

このまとめに参加する