1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

就職は国家公務員が狙い目?…一般職試験の倍率が過去最低を記録している

人事院は22日、2016年度の国家公務員採用一般職試験(大卒程度)の合格者を発表した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年08月23日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
49 お気に入り 61927 view
お気に入り追加

○2016年度の国家公務員採用一般職試験の合格者が発表された

人事院は22日、2016年度の国家公務員採用一般職試験(大卒程度)の合格者を発表した。

合格者の内訳は、行政区分が同282人(5.5%)増の5,419人、技術系区分が同46人(2.1%)減の2,164人となった。

○倍率は4.7倍で過去最低を記録

人事院は22日、国家公務員一般職(大卒程度)の2016年度採用試験の合格倍率が4.7倍だったと発表した。

採用予定数3,877人に対し、申込者数3万5,998人、合格者数7,583人で倍率は4.7倍。

○国家公務員の職を得やすい環境になっている

12年度の13.7倍をピークに4年連続で低下し、国家公務員の職を得やすい環境になっている。

団塊世代の定年退職を補おうと合格者数を年々増やしているためだ。

人事院は「一般的に景気が回復し民間の採用が増えると公務員の志望者は減る。少子高齢化による学生数の減少も一因だ」とみる。

○一方、女性の合格者数は過去最高を更新

人事院は8月22日、2016年度国家公務員採用一般職試験(大卒程度)の合格者を発表した。

うち女性は33・6%に当たる2548人で、人数・割合ともII種試験時代なども含め記録のある昭和43年度以降での最高を更新した。

女性の合格者数は2,548人(割合は33.6%)で、人数・割合ともに過去最高となった。

女性の国家公務員過去最高かー まあ、女性の方が機転もきくし、愛想もいいし、来年はもっと増えるだろなー

国家公務員の女性率が過去最高とな。意図的に増やしたとかやないなら良いことやと思うけどね〜

○各試験の倍率は?

各試験の倍率は、皇宮護衛官(大卒程度)が35.7倍、法務省専門職員(人間科学)が5.9倍、財務専門官が8.6倍、国税専門官が5.4倍、食品衛生監視員が7.2倍、労働基準監督官が9.1倍。

内訳は、国立75校(前年度80校)、公立47校(同38校)、私立164校(同147校)だった。

○このニュースはネットでも話題になっている

私の世代じゃ公務員、安定職第1位倍率第1位だったな…

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。